> > > 銀行系カードローンのメリットはどのような事がありますか

銀行系カードローンのメリットはどのような事がありますか

銀行系カードローンって良く聞きますよね。いろいろなカードローンがありますが、銀行系カードローンのメリットってどんな所なのですか。

何と言ってもイメージ!メガバンクグループの信用は大きいです

銀行系のカードローンは銀行グループの消費者金融会社のカードローンです。消費者金融会社はずっと以前から個人向け小口の融資を行っており、小口融資に関しては営業のノウハウもしっかり持っているのですが、貸金業法改正以前の高金利での貸付など、一般的にサラ金と言うマイナスなイメージで見られがちでした。そこで消費者金融会社は大手銀行の傘下に入ったり、グループとして提携してイメージアップをはかったのです。

銀行側も小口融資のノウハウを消費者金融会社から学び、顧客獲得にも繋げるために提携する事はプラスになると考えたのでしょう。確かに大手銀行をバックに置いたカードローンは何よりも安心と感じられますよね。そういう信用度が高いと言うのが銀行系カードローンの最大のメリットです。ただ銀行のカードローンと違って、銀行系のカードローンは総量規制の対象となります。年収の3分の1以上の借入は出来ないので気を付けて下さい。金利面でも銀行のカードローンと比べるとやはり少し高めになってしまいます。

金利が高いと言ってももちろん利息制限法の上限以内ですし、30日間無利息キャンペーンなどをやっているカードローン会社もあるので、ホームページで確認してみて下さいね。銀行系カードローンは大手銀行を後ろ盾により広い範囲の顧客獲得を目指しているのです。即日融資対応やATMでの借入返済の便利さに加え、自由な返済金額など、サービスも充実していますよ。

【参考ページはこちら】
銀行系カードローンの期限はどうしてどこも1年なの?

銀行系カードローンのメリットは限度額が無いこと

銀行系カードローンの最大のメリットは、融資に関して限度額が存在しないことにあります。基本的に、カードローンと言うのは一つの種類として提供されているわけではなく、様々な種類として提供されています。提供されるサービスの中には全く異なる法律が適用されるものも存在しており、特に銀行系カードローンのサービスに関しては他のサービスよりもお金を多く借りやすいのです。(こちらもご参考に→在籍確認なしの銀行系カードローンはある?

なぜこのようになっているのかを知るためには、まずカードローンに適用される法律に関してきちんと知っておかなくてはいけません。カードローンには、主に二つの法律が適用されます。一つは貸金業法で、もう一つは銀行法なのです。貸金業法で適用されるサービスに関しては、融資の枠に規制が設定されることになりますので自由にお金を借りることが出来なくなってしまうのです。

こうした貸金業法に関する融資の枠の規制のことを総量規制と言います。総量規制は、年収の三分の一以上の融資を受け取ることが出来ない規制のことを言い、消費者金融などの貸金業者の提供する少額融資のサービスには必ず適用される法律のことを言います。これによって、多額の融資を受け取ることが出来ません。

反対に、銀行系カードローンでは銀行法が適用されるのですが、銀行法のメリットは融資の枠に規制がないことなのです。銀行が提供する住宅ローンなどを考えればわかりやすいですが、住宅ローンなどは本人の年収を遥かに超えてお金を貸してもらうことが出来ます。これは銀行法によって融資の限度額が設定されていないからなのです。審査に通れば大きなお金を借りることもできるわけです。
(⇒銀行系カードローンと住宅ローンの更新、影響はある?

これは、銀行系カードローンであっても例外ではありません。銀行系カードローンでは総量規制が適用されませんので、必要な書類を提出すれば高額な貸し出しを行うことが出来ます。多額の金銭の貸し出しを行うことが出来るのは銀行系の大きなメリットですので、非常に人気が高いのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ