> > > 銀行系カードローン銀行のカードローン審査の通りやすさはどちら

銀行系カードローン銀行のカードローン審査の通りやすさはどちら

銀行系カードローンと銀行カードローンは違うのですか、どちらが審査に通りやすいのでしょうか。

銀行自体の運営と銀行系グループの消費者金融の運営で違ってきます

銀行系のカードローンは銀行の傘下に入った消費者金融が運営するカードローンです。(こちらもご参考にどうぞ→レイクは銀行系のカードローンなの?)メガバンクを後ろ盾にしている為安心感があり、金利の面も銀行のカードに比べると上限が少し高くはなりますが、貸金業法改正で利息も制限された為無理のない設定となっているので銀行のカードローンとそれ程の差はありません。では銀行が直接運営するカードローンとどこが違うのかと言うと、その貸金業法改正によって施行された総量規制対象か対象外かと言う所です。

総量規制というのは借入過ぎで多重債務者や破綻してしまう人達を出さない為に個人向けの貸付額は原則年収の3分の1以下と定めるとした制度です。これは総貸付金額が年収の3分の1を超えてはならないとされている為、例えば年収300万円の人なら100万円が限度ですが、3社のカードを持っているとすれば1社あたり30万円強程の制限となります。

ただ、この総量規制には例外や対象外があり、規制されるのは小口融資を受ける個人のみです。住宅ローンやマイカーローンなど目的別のローンに関しては例外となります。個人への小口貸付であっても銀行が直接運営しているカードローンに関しては対象外となるのです。ここが銀行系消費者金融と銀行のカードローンの大きな相違です。収入に左右されない為収入の無い専業主婦や大学生にも申込みが可能と言う点が銀行カードローンのメリットの一つですね。

では審査の通りやすさで言えばどうなのでしょうか。審査に関してはどちらが通りやすいとか通りにくいとかと言う事はありません。銀行系のカードローンは審査を行うのは消費者金融会社であり、銀行のカードローンはもちろん銀行の審査基準に基づいて審査が行われるのですが、大手消費者金融会社に委託されている場合もあるのです。審査基準はそれぞれの会社によって多少違いはありますが、どの場合でも属性と個人信用情報照会で審査されるのは同じです。

特に銀行系のカードローンはメガバンクの名前を全面に押し出しており、今までより以上に顧客の品質向上に努めています。どういう事かと言うと、以前のように借りたい顧客には少々審査基準を下げてでも貸付していたけれど、そういうリスクを抱えるのではなく、顧客の品質を上げる事によって破綻などというリスクを極力抑えると言う気持ちで審査を行っています。

銀行のカードローンはもともとリスクを抑える為に審査基準を厳しくし、顧客の質に拘った貸付を行っています。リスクが少ない分金利も低めに設定出来ているのです。そういう意味では銀行系のカードローンも銀行のカードローンも現在では審査基準に差ほどの違いはないと言えるでしょう。
(⇒カードローンの審査基準に関するオススメ記事はこちら

銀行系カードローン審査の通りやすさは何で決まるか

銀行系カードローンが最近人気です。どちらと言うとお高く止まっていた感のあるカードローンでしたが、ネット銀行が魅力的なカードローンで勢力を伸ばしてきたのを見て、大手も方針を変換したようです。従来のように自分の銀行の普通預金がなければ申込すらできないようなことはなくなり、コンビニATMでの返済まで可能になっています。ここまでサービスを充実すると信販会社並みです。

しかし、使い勝手がよくなったように見えても銀行の審査自体は変わっていません。いくら傘下の信販会社に審査を依頼しても、信販会社の審査とは内容が違いますから、通りにくいと言われることは従来と変わっていません。ネット銀行と比べても通りやすさはかなり劣っています。しかし、ある程度のコツをつかむと通りやすくなるが銀行融資であり、サービス充実と低金利の恩恵を受けることができます。

銀行は、貸付をする際に貸金回収を最優先視します。信販会社がリスクを取ってでも収益獲得に走っているのとは違いがあります。そのため、このような銀行の性格を知ることが審査の通りやすさに繋がってくるのです。自分が銀行の担当者になったつもりで考えてみると、案外どうすればいいかは見えてくるものです。貸金回収を優先するのであれば、コンビニATMで返済する顧客と銀行口座から返済する顧客とどちらが信用できるかと言われれば、答えは明白でしょう。

銀行は、コンビニATMでの返済方法もあると宣伝して顧客を誘いつつ、実際にはその方法を嫌っているのです。矛盾しているようですが、これが現実です。この事実を踏まえたうえで銀行系カードローンを申し込めば問題なく使い勝手のいい銀行カードローンを契約することができます。

また銀行は、取引履歴や取引量が多い顧客を大切にします。貸金回収と直接関係はありませんが、これも銀行の性格です。これだけで劇的に融資限度額が上がるわけではないのですが、審査の通りやすさには確実に貢献します。

【参考ページはこちら】
銀行系カードローンは他社と比べて年齢制限に規制がある?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ