> > > 楽天銀行のカードローンでは審査会社はどうなっている?

楽天銀行のカードローンでは審査会社はどうなっている?

楽天銀行のカードローンを使っている若い人は多いというように聞いています。確かにいろいろな特典もあるし、いいなと思ったこともあるんですけれども、楽天銀行のカードローンっていうのは審査会社などはどうなっているんでしょうか。楽天銀行がそのままやっているのか、それとも他のところやっているのか。一般的には保証会社を別に作ったりしますが、楽天銀行カードローンの場合はどうなっているんでしょうか。詳しい人がいれば教えていただけないでしょうか。

楽天銀行カードローンの場合は審査会社は2つある

質問してくださった方の言うように、一般的にはカードローンというのはカードローン会社とは別に、保証会社というものがあって、審査会社として存在しています。その保証会社が万が一の時の保証をし、審査もしてくれるというものですが、楽天銀行カードローンの場合はこれが特殊で、実は審査会社自体は2つあるのです。それが保証会社であるセディナと楽天銀行そのものです。
(⇒自分に合ったカードローン会社ってどうやって探せば良い?

どうしてこのようなことになっているかというと、保証会社に任せなくても良い場合もあるからではないかと考えられています。実際には企業秘密で教えてもらえるものではないようですが、楽天銀行カードローンが優良な顧客だと認めた人であれば、きっと貸し倒れをしないと考えて独自に貸出をしているのではないかとされています。

こうすれば審査会社にお金を余分に払わなくてもいいから、コストをカットできるのではないかとされています。ですから審査会社として2つの名前が書かれているというわけです。他の業者の場合はこのような変則的なことがありませんから、結構楽天銀行カードローンは変わっているといえるでしょう。

とは言え人気の業者ですから、やっぱり使い勝手などは悪く無いですし、むしろ金利なども低くて使いやすいという人も多いようです。楽天銀行カードローンの審査会社は気になるかもしれませんが、他と同じようにちゃんと保証もしてくれますから安心していいでしょう。例外はあるかもしれませんが、負担をこちら側に押し付けてくるようなことはないと思って間違いないでしょう。

【参考ページはこちら】
楽天銀行カードローンは必要書類を揃えるのが大変?

楽天銀行のカードローンと審査会社について

楽天銀行は、国内最大級のインターネット通販ショップを運営する楽天株式会社の子会社であり、2010年5月4日に旧イーバンク銀行銀行から商号変更をした、日本で2番目に設立されたインターネット専用の銀行です。楽天のネットショッピングのユーザーにとっては、手数料・ポイント加算面などで大きなメリットがあり、多くの顧客を有しています。

また、インターネット銀行は、人件費、店舗維持費等の経費を大幅に削減できるため、その分顧客に対して金利面などで還元することが出来ます。楽天銀行でも、通常型の銀行と比較して高金利設定の定期預金や仕組み預金を発売しており、ネットユーザーにとって、利点の大きな金融機関であると言えるでしょう。

また、この銀行でも、キャッシング・カードローンのニーズに応え、商品開発をしてきました。現在楽天銀行で取り扱いをしているカードローンは、ご利用極度額が最高500万、金利年4.9%~14.5%です。ご利用額が200万円までなら所得証明書の提出を不要としているのも、利用者にとっては利点です。一般的に、ローン金利は、利用額が大きいほど金利設定が引き下げられます。そのため、小口資金を複数のローン会社から借入れている方は、楽天銀行のカードローンに一本化することで、返済にかかる負担が大幅に削減することが可能です。(こちらもご参考にどうぞ→楽天銀行カードローンを借り換えに利用する時の注意点

ご利用には、年齢制限などの所定の審査がありますが、安定した収入のある方ならば、審査申し込みの対象となります。安定した収入には、雇用形態を問いませんので、パートやアルバイトの方もご利用いただけます。また、ご自身に収入の無い専業主婦の方でも、配偶者に安定した収入があることが確認できれば審査対象となりますが、その際のご利用限度額は50万円までとなっています。

カードローンの審査は、楽天銀行及び審査会社によって行われ、審査結果によって極度額と金利が決まります。他行の取り扱うカードローンとの違いは、入会時の特典などをポイントでキャッシュバックされる率が大きいことではないでしょうか。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ