> > > ろうきんのカードローンも要はサラ金と同じなんでしょ

ろうきんのカードローンも要はサラ金と同じなんでしょ

ろうきんのカードローンと言っても借金には変わりないでしょ。ようはサラ金と同じ事じゃないですか。

その通りです。カードローンはサラ金と同じで借金ですよ

ろうきんのカードローンも結局はお金を借りる為のものです。そういう意味ではサラ金と同じと言えるでしょう。ただサラ金と呼ばれていた消費者金融会社は貸金業法の改正後、金利の面でも利息制限法の制限以内の金利設定と、多重債務者を出さない為の総量規制の施行で顧客品質を上げる為に努力を重ねているのです。ろうきんはカードローンを求める顧客に出来る限りの低金利で融資を行っているのです。

銀行ローンの中でもろうきんのカードローンの金利の低さは特別です。もちろんATMでの借入、返済ともに簡単に出来ると言うのも便利です。ろうきんならではの個人取引によって金利引き下げ制度などもあり、顧客の立場に立ってより得になるサービスを行っています。カードローンは使い方によってはお得な面もたくさんあるのです。
(⇒ろうきんのカードローンは他社と何が違う?

たしかにカードローンは借金には違いありませんし、使い過ぎにより借金体質になってしまうのはもちろん防がなくてはいけません。ただカードローンは使い方によってはいざと言う時に生活の強い味方となってくれるものです。上手に使う事でゆとりのある生活を与えてくれるのもカードローンです。計画的に無理なく使用すると言う事を忘れずに、快適なカード生活を楽しんで下さいね。

サラ金よりもろうきんのカードローンを。借り換えも可能

ATMやインターネットの普及により、私たちの生活の利便性は大きく向上しました。銀行の窓口へ出向かなくてもコンビニのATMでカードを入れればお金を引き出すことができるようになりましたし、同様に簡単にお金を借りることができるようにもなりました。

急に現金が必要となることの多い現在の社会人にとって、いつでも簡単にお金を借りられるのはありがたいことです。最もポピュラーなローン商品の一つであるカードローンは、コンビニATMなどで365日利用できるケースも珍しくないですし、用途も自由となっているので、多くの人に利用されています。返済も毎月一定額を返していけばよいので支出管理も楽ですし、いざというときに便利に利用できるのが嬉しいですね。

そんな便利なカードローン。世の中には多種多様なものがありますが、もしも自分が労働者として勤めているならば、ろうきんのカードローンを利用するのが賢いと言えるでしょう。ろうきんとは、労働金庫の略称で労働者のための福祉金融機関のことを言います。労働組合などの団体が出資をしており、労働者ならば誰でも利用ができ、金利面が優れている点が特徴となっています。

お金を借りた場合、そのお金には利息が付きます。一般的なサラ金の場合、会社や条件によって異なりはしますが、最大利息は年利18%となっているケースが多く見受けられます。一方でろうきんのカードローンの場合、最大利息は年利10%以下となっているケースが殆どとなっています。また、条件を満たせばさらに金利を下げることも可能です。その条件というのも「積立預金を開始する」など預金者にとってマイナスとならないものとなっているので、金利をかなり抑えることが可能でしょう。

ろうきんの場合、他社からの借り換えを受け入れてくれるケースも多くみられるので、サラ金などでお金を借りている場合、金利を比較してろうきんのカードローンへ借り換えるのもよい手段と言えるかもしれません。ローンは大変便利なものです。正しい知識を持って上手に利用したいですね。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ