> > > 一般的にカードローンは何歳まで借りられるのか

一般的にカードローンは何歳まで借りられるのか

カードローンの借り入れの際に借りる側として気になる事はいくつかあると思います。自分の今の状況でいくらお金が借りられるのか。そして、毎月の返済額はいくらになるのか。それらは重要な事です。ローンを組めるのは若くて満20歳からです。若いに借りる分には、いくら金額が高くても、働ける年数は長いので転職でもない限り完済する可能性は高いです。

では、お金を貸す時に年齢的に貸しずらくなるのは何歳からでしょうか?一般的に考えると定年退職が60歳か65歳に設定している会社が多いので、それまでに完済出来る計画にしておくことが一番安全ではないかと考えられます。そうすると、カードローンを申し込めるのは一般的に65歳までに設定しているカード会社が多いようです。しかし探すと70歳まで借りれる所もまれにあるそうです。

借りれる年齢は65歳ぐらいと考えて良いようですが、借り主の精神状態としては20歳や30歳や40歳で借りるときよりも不安が大きくなるのではないでしょうか。年金や退職金のような大金が手に入ると予測して借りたとしても、本当にその予想金額がもらえらばいいでしょう。しかし、予想よりもらえなかったとしたら、高齢でお金を手に入れる手段もなく借金が残っているのは、負担になります。借り主も貸す側もお互い不幸になるので、いくら借りれる年齢だとしてもあまり制限ギリギリの年齢で借りるのは、いくらお金が必要でも避けるべきだと思います。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

カードローンは何歳まで借りられるのかについて

カードローンは何歳まで借りられるのかと思っている人も少なくはないようです。借り入れを受けることができる年齢の上限は、各金融機関によって異なります。60歳までというところもあれば、65歳、69歳までという会社もあり、基準は会社によって異なります。気になるという人は、まずは申込みをしようと思っている会社に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

69歳までという会社もありますが、もちろん借り入れをするためには安定した収入がなければいけません。最近は、69歳でも現役で働いている人が多いので、問題はないかもしれませんが、まずは収入がなければいけないということを頭に入れておきましょう。

それでは、年金を受給していれば収入があることになるので、借り入れを受けることができるのでしょうか。これも各社によって異なります。会社によっては、年金を安定した収入と認めていないところもあるので注意が必要です。年金を受給していることでカードローンを受けることができるかどうか事前に確認してから申し込みをしたほうが良いでしょう。

消費者金融には、総量規制が適用されます。総量規制では、年収の3分の1までしか借り入れができないと定められているので、無職の主婦や短期間のアルバイトをしている人などは借り入れが難しくなります。

そして、年金受給者も借り入れできるかが問題になってくるので、消費者金融から借り入れを受けるのは難しいかもしれません。銀行や銀行系の会社には総量規制が適用されないので、審査が厳しいところもあるようですが、消費者金融よりも借り入れが受けやすいかもしれません。年金を受給している人は、まずは銀行や銀行系の会社に申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

高齢でも安定した収入があれば借り入れを受けることができる会社はあります。年齢を気にせずに安定した収入があれば、借り入れが必要なときは申し込みの手続きをしてみてはいかがでしょうか。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ