> > > 消費者金融のカードローン年齢20歳って決まりなのか

消費者金融のカードローン年齢20歳って決まりなのか

この記事を読んでいただいている読者の皆様は年齢はおいくつでしょうか?日本の社会では一般的に大人とされるのは20歳からとされています。大人になったと感じる時は人それぞれでしょう。お酒が飲めるようになった。一人暮らしを始めた。それらは自分の中での尺度なので大人になってもお酒を飲まない人はたくさんいますし、一人暮らしをしたことがない人もいます。とても抽象的ですね。では、

消費者金融でお金を借りる場合はどうでしょうか?この場合については明確に決められています。個人で消費者金融でカードローンを組める年齢は満20歳以上と決められています。もちろん例外としては学生ローンなどがあげられますが、この場合親権者つまり一般的には母親か父親どちらかの承諾が必要になります。なので、1人の判断で契約するのは満20歳以上であることが絶対条件となります。客観的に見て20歳を超えれば大人、そして個人として社会と対等に約束ができ、大切なお金を貸し借りすることができるようになるとされています。

このように、利用年齢制限の下限は明確に定められています。しかし、上限となると、各カード会社によってまちまちのようです。60歳から70歳以下であればかりられるところはまだあるかもしれませんが、70歳を超えてとなるとなかなかないのではないでしょうか。やはり、働いて収入があっても人の寿命を考えると70歳過ぎの人にお金を貸すのはリスクが高いからです。現状はこのようになっていますが、上限については各カード会社に確認することをお勧めします。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社、どうやって選べばいい?

消費者金融のカードローン年齢20歳なら審査は通るか

カードローンにもキャッシングにも、それ以外の全てのローン商品にも、年齢制限というものがあります。多くの場合、年齢の下限は満20歳以上に設定されています。もちろん、中には20歳未満でもOKなローン商品もあります。そうした年齢制限は、業界全体で一律に決められているわけではなくて、それぞれの金融機関やローン商品によって独自に設定されているのです。

ですから、たとえば「消費者金融のカードローン年齢20歳」というケースを考えてみると、そのカードローンへの申し込みは受け付けてもらえる可能性は十分にあります。もちろん、審査に通る可能性もありますし、実際にローンを利用することもできると考えられます。ただし、数ある消費者金融の中には、20歳では受け付けてくれないところもあるかもしれません。ゆえに、事前確認は必要になります。

ところでユーザーの年齢が20歳である場合は、大学生である可能性もあります。そして実際に大学生であるならば、学生ローンを利用することが可能になります。消費者金融の中には学生ローンを取り扱っているところもありますので、20歳の学生でカードローンを利用したいなら、最初から学生ローンに狙いを絞ったほうが現実的です。

ちなみに20歳の社会人の場合は、学生ローンは利用できません。学生ローンの審査においては必ず学生証などの提示を求められますので、仮に適当に誤魔化して申し込んだとしても、絶対に審査には通りません。それどころか虚偽申告は下手をすると犯罪になってしまいますので、厳に慎むべきです。

とにかく、社会経験が浅く、まだ収入も財産も少ないであろう20歳のユーザーでは、たとえ消費者金融のカードローンの審査に通ったとしても、利用枠はそれほど多くはもらえないと考えて間違いありません。もちろん人にもよるのですが、たとえば利用枠100万円で申し込んだとしても、審査の結果、50万円以下しか認めてもらえないようなケースはザラにあると言えます。消費者金融も商売でお金を貸す以上は、その人の信用力や経済力に見合った利用枠しか認めないのは、当然のことと考えなければなりません。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ