> > > カードローンを21歳でも組むことができるお手軽なところとは

カードローンを21歳でも組むことができるお手軽なところとは

カードローンを組むとなると、やはり社会人で、毎月ある程度の収入があってと色々条件があるのでなかなか申し込むことが出来ない人が多いのではないでしょうか?

しかも、21歳でいくら成人といえども、日本人であれば多くの場合まだ大学生。学生であれば勉学にお金がかかりまだお金を稼ぐといってもアルバイトや日雇いで毎月の収入はあまりない人がほとんどです。しかし、今の日本は不況で親の収入もあまり多くありません。生活費や家賃、その上学費ともなると大学にいくのであれば、自分でお金を工面して欲しいという親も多いです。そして子供も高校までは何とかして欲しいけど、大学生になり、20歳を過ぎたら自分でなんとかしたいと思う人も増えてきます。

このような経済状況から、学生ローンも多くありますし、金融会社も18歳から借りれるところも増えてきているようです。しかし、慌てて目についたカード会社にするのではなく、インターネットで色々な会社を調べて、金利や自分の生活範囲内にカードが使えるところがあるかなどを調べて自分に一番合っていて、できるだけ金利の低いところを選ばなければいけません。

カードローンの審査も、重要なことは大まかに言うと2つです。信用と収入です。逆に言うとこの2つがないと健全な会社ではお金を貸してくれないでしょう。信用は、複数のカード会社からの借り入れが無く、キャッシングの経験があってもちゃんと完済していれば問題ありません。収入はパートやアルバイトでも毎月一定の収入があり、その会社に勤務していることが分かれば問題ありません。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

21歳という年齢制限があるカードローンのサービス利用

カードローンのサービス利用には、年齢制限があります。そのため、未成年の方には融資が提供されない事になっているのです。この借り入れのサービスは、21歳以上でなければ申し込みを行う事ができません。そのため、カードローンは年齢制限があるサービスである事を把握しておく必要があります。

幾つかの借り入れのサービスの中には、未成年でも利用できるものがありますが、これは親の同意書などが必要になるもので融資条件自体が異なります。未成年との契約で保護者の同意がない契約は法的に有効でなく、金融機関からの融資では保護者の同意が必要となっているのです。そのため、未成年者が個人で金融機関から融資を受ける事は、実質的に不可能になるのです。

基本的なカードローンのサービスは、無担保で保証人無しで融資が受けられる利便性の高いサービスで、申込者の個人的な返済能力が融資をするための条件となります。それ故に、未成年者への融資は難しくなります。このサービスの中には大学などに在学中の学生でも利用出来るものありますが、やはり年齢制限があり、20歳以上の方を対象としたものとなりますので、未成年者ではカードローンのサービス利用は出来ません。(こちらもご参考に→19歳でも社会人ならカードローンを使える?

また、学生の方の場合は、未成年者でなくても、保護者の同意書の提出を求められる場合があります。そのため、このような学生の方でカードローンを利用したい方は、申込みの前に同意書の提出が必要かどうかを確認しておく必要があるのです。

また、このサービスの利用の年齢制限の上限は、六十代後半となっています。このサービスに何歳まで申し込めるかは、各業者の融資条件によってさまざまで、最高でも六十代後半としているサービスが大半です。このサービスでは年齢制限に加え、安定した収入というポイントが重視される為に、定期的な収入を得ている方が条件となり、サービス利用を希望する場合は複合的な融資条件を検討しておく必要があります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ