> > > 退職後もお金が必要…65歳からでもカードローン利用できる?

退職後もお金が必要…65歳からでもカードローン利用できる?

退職して思ったのが、意外に急な出費が多いということです。冠婚葬祭や親の介護費、親戚付き合いに昔の同僚との会合等々、仕事で忙しかったころに比べて、むしろ色々な雑事が増えたように思えます。そうなると、やはり年金収入だけだと心もとない。そんなとき、昔の同僚がカードローンを利用していると聞きました。現役時代には使ったこともなかったカードローン、退職して数年経つ65歳でも利用できる権利はあるのでしょうか?

65歳でも年金による定期収入があれば、カードローンの利用は可能です

退職後の方が、突然の出費でお金が必要な機会が増えた、という人が多くいます。仕事で忙しかった時代よりも、様々なイベントに参加する機会が増えたからでしょうか。また、長寿化による老々介護の影響で、退職した人がまだ存命している親の介護をしなくてはならない、なんてケースも出てきています。この場合も、入院などの出費が突然発生します。

退職後は、もちろん年金が主な収入源です。しかし、突然の出費に備えてカードローンを持っておくと、心理的にも物理的にも安心です。そう思って、退職後に初めてカードローンを利用し始める人も増えてきています。しかし年齢制限があるのも事実です。下は20歳以上、という法律に基づいた利用制限があるカードローンですが、上限は各社によってまちまちです。60歳までというところも多いですが、65歳未満または69歳未満までOKという会社もあります。
(⇒65歳以上でも可能なカードローン、金額の上限は?

ですので、あなたが65歳なら、まずはその年齢まで利用可能なカードローン会社を探しましょう。そのあとで、年金収入のみでもOKかも同時に確認する必要があります。65歳、年金、これらがクリアできたら基本事項は問題ありません。ネットからまたは、最寄りの店頭や無人受付機等で審査を開始しましょう。きっと初めは、借入限度額はそれほど高くはありません。しかし、利用履歴ときちんとした返済を重ねることで、あなたの信用が積み重なります。65歳なら、あと4~5年はカードローンを利用できますので、賢く使って余裕のある生活を送りましょう。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の選び方を教えて!

65歳からでもカードローンで借り入れ出来ます!

今の日本は年金の受給金額も年々減額傾向にあり、また受給年齢も引き上げる傾向にあります。それに加え、医療費の自己負担増加、消費税など税金の増加など仕事を定年退職した方へも容赦ない経済負担が強いられています。

特に医療費に関しては年齢を重ねる毎に病院に罹る回数も増えるので、退職後の方達には負担が大きいでしょう。最低限日常生活に必要な食料品や衣類、光熱水費も値上がりし、いくら節約しても経済的に厳しい日々が続きます。しかも、自分の子供が30歳や40歳を過ぎても50歳を過ぎても働かずにニートとして生活している方も増えているそうです。(こちらもご参考に→50歳でカードローン、利用できる?

本来であれば、両親を養って行かなければならない子供が働きもせずに両親の退職金や年金で生活しているのです。こういった子供を抱えている方は本当に大変でしょう。更に急な入院など遭った際など緊急なお金が必要になるケースも多々出てくるでしょう。貯蓄がある方なら良いですが、緊急時にある程度のまとまったお金を用意出来ない方も沢山います。

そんな方におすすめなのが、65歳からでもカードローンで借り入れが出来るシステムです。無職の方がカードローンの審査を通るのか心配される方もいるでしょう。しかし、年金を受給されているな等ある程度の条件さえ兼ね備えていれば、比較的審査は簡単に通り、早く借り入れする事が出来るのです。勿論、カードローンはお金を借りるのですから、必ず返済する必要があります。

しかし、緊急時には簡単にお金を借りられるので、大変助かるのではないでしょうか。簡単に借りられるからと言って、無闇に借りる事はお勧め出来ませんが、お金が無い事で病院に行く事も出来ない事態を回避する為には是非、利用して欲しいシステムです。健康でいる事が出来れば、働く事も出来ます。健康を取り戻してから、働いて返済しましょう。緊急時のお金がどうしても必要な時は65歳からでもカードローンを利用する事をオススメします。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ