> > > 借入対象年齢70歳のカードローンを探すのは難しいか

借入対象年齢70歳のカードローンを探すのは難しいか

定年退職を五年前にし、それからは再就職してパートで働いています。昔よりもだいぶ給料は下がりましたが、何とか妻と二人で暮らしていました。しかし、このたび、妻が入院し、何かと出費が増えてしまったのです。背に腹は代えられないと思いカードローンを利用したいのですが、すでに年齢が70ということもあり、借りられるとこを見つけられませ。借入対象年齢70歳のカードローンを探すのは難しいでしょうか?

わずかではあるが高齢者専用のカードローンも存在してる!

大抵のカードローンで借入対象年齢は60代までとなっています。一番、多いのが65歳です。なぜなら、65歳が定年退職の年齢だからです。ご質問者様もおっしゃるように定年後に再就職をしたとしても収入は会社員で働いていたときよりも減ります。そうなると年齢が高くなれば高くなるほど、返済が難しくなってしまうのです。返済されないという状況を危惧したこともあり、カードローンとしては年齢上限を65歳までとしているわけです。

また、高齢の方は、もちろん元気な方もいらっしゃいますが、若い方に比べると死亡のリスクが付きまといます。返済の途中で亡くなられると、負の遺産として借金も遺産で引き継がれますが、放棄をされてしまうと、その借金は誰も返済することはなくなってしまうのです。カードローンとしては返済されないことは痛手でしかありません。

カードローン側として一番優先したいのは最後まで返済してもらうことです。そうなると高齢の方には貸せないという判断になり、年齢上限が定められてしまうわけです。

しかしながら、カードローンによって年齢の上限は異なります。中には70歳でも利用できる高齢者向けのものも存在しています。また、年金を安定した収入として利用できるカードローンもあります。借りられる金額は限られてしまいますが、絶対に70歳だと借りられないということはありません。わずかで見つけるのは苦労しますが、ないことはないのです。

それに、年金を担保にしてお金を借りられる公的な機関も存在しています。今回ご質問者様は奥様の入院のためにお金が必要ということなので、役所に相談したり、そうした公的な機関を利用したりすることも検討してみてはいかがでしょうか。

借入対象年齢70歳のカードローンもあるのは本当ですか

借入対象年齢70歳のカードローンがあるのは本当ですか。大体カードローンの対象年齢は20歳から60歳、65歳程度になっています。しかし最近では70歳まで借りられるカードローンもあるのです。最近では定年の年齢が引きあがっていますので60歳代の方でしたらまだ現役の方もいらっしゃいますが、70歳の方の場合はもう定年していることが多いかと思われます。

ですので70歳の方の場合は若い方に比べて少し限度額が少なくなる傾向があるのです。さらに対象年齢が過ぎてしまえばもう更新をするとができず自動的に解約になってしまいます。ただし、もうすでに借り入れしている分に関しては今までと同じように分割で返済していけるので安心して構いません。

高齢の方の場合でしたら年金で返済できる額を考えて限度額を決めるようにしてください。もしも借り過ぎてしまいますと年金のほとんどが借金の返済に充てられてしまうからです。あと気を付けなければいけないのはあくまでも契約した時点でまだ勤務をしてる必要があります。もうすでに年金生活をしている方はいくら70歳未満であっても利用できないので気を付けてください。

年金も一応は安定した収入ではあるののですが、年金ではお金が借りられないところが多いのです。どうしても年金生活をしながらでもカードローンを利用したいのでしたらアルバイトでもいいので何かじはじめてみてください。どんな些細なものでもいいですのでこれで安定した収入があれば審査に通り、カードローンの契約ができます。

現役の時とはとは違い、退職してからはあまり交友費がかかりませんのでそれほどお金が必要でないように思うかもしれませんが、病気などによって大金が必要になることもあります。カードローンがあれば急な入院の時にもすぐにお金を用意できますし建て替えなどもできるので非常に便利です。またお祝い事に関するお金が工面できないときにもかなり有効になります。

【参考ページはこちら】
カードローンに申込む前に審査基準をチェック!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ