> > > カードローンの年齢制限が決まっているのはなんで

カードローンの年齢制限が決まっているのはなんで

カードローンを利用したいけど、僕は未成年なので利用することができません。どのカードローンを調べても20歳未満は利用できないです。20歳未満でもアルバイトはできるのになんででしょう。それに利用対象者の年齢には上限も書かれています。こちらは65歳とか60歳とかバラバラだったけど、どうして大人まで年齢制限がるんでしょうか。カードローンの年齢制限が決まっているのはなんで?

返済可能な年齢を見定めた上でカードローンは年齢制限をしている!

20歳未満でもアルバイトはできて自身で稼ぐことはできるのになぜカードローン利用は20歳以上なのか不思議に思いますよね。カードローンが20歳未満の方に利用ができないのは、未成年の方は社会人として一人前ではなく、まだ大人の保護下にあると考えられるからです。確かにアルバイトはできますが、社会人と比べて、稼げる金額も限られてきます。そのため、返済能力が低いとみられているのです。

未成年が大人の保護下にあることは契約の仕方でもよくわかります。未成年が保護者に内緒で契約を結んだとしても、保護者は未成年の同意なしでもその契約を取り消すことができるのです。そうなるとカードローンとしては、せっかく契約結んでも取り消される可能性がある未成年にお金を貸したいと思いませんよね。返済能力・責任能力もまだまだ劣ることもあり、未成年にはお金は貸せないのです。

未成年がカードローンを利用できないのは、まだ子供だからというわけで、携帯電話の契約なども親の同意がいるなど、何かにつけて親の同意がいることを考えればわかっていただけると思います。ですが、カードローンの年齢制限はご質問者様もご存じのとおり、上限も存在しています。これはカードローンによって異なってきますが、だいたい60歳から70歳までの間で設定されていますね。なぜ上限が設定されているのでしょう。

カードローンというのは、借りたらすぐに全額返すということではなく、何か月・何年と返済していかないといけませんよね。金額が高くなればなるだけ期間は長くなります。つまり、返済を終えるには契約したときの年齢から何年も経つということになります。そうなると、たとえば、70歳でお金を借りたら返済が終わるのが75歳までなんてこともあるわけです。高齢の方だと年齢が上がれば上がるだけ、死亡リスクというものが存在してしまいます。

要は、返済する前に亡くなられたらどうしよう、ということです。そのため、亡くなられる前に返済を終わらせてもらうためにも上限として、60代程度と考えて上限を設定しているのです。

また、現在、65歳で定年になります。その後、再就職するか年金で暮らすかは人によって様々ですが、収入はおそらく減ってしまうでしょう。そんな減った収入から返済のお金を出していくことは、働いていたときに比べると至難の業です。死亡リスクはもちろんですが、こうした定年のために収入が減る、つまり返済が厳しくなる年齢だということもあり、年齢の上限が設定されているのです。

カードローンの年齢制限はどこまでいけるのか

カードローンの年齢制限は一般的に20歳以上69歳以上不可とする会社が多いですが、例え未成年だとしても年金暮らしをしている方でも借りることは不可能ではありません。

まず、未成年の場合ですが、ローンを組む際は20歳以上からと制限を設けている会社が一般的ですが、未成年の学生のための学生専門ローンと呼ばれる消費者金融でのローンを組むことができるシステムが存在します。未成年で借りる場合にもいくつか条件があり、アルバイトなどにより定期的な収入があるか、審査を通る際には保証人になるような、保護者の同意を得る必要になります。

未成年だとしても、銀行系金融機関での借入れが可能なところもあります。農協や漁協などは金融機関の総量規制対象外になっていますのでこちらの利用もお勧めです。逆に年齢条件として、65歳から69歳以上が不可とする場合、各会社により取り決めがされていて、一般的に新規契約ができるのは、定年退職をする年齢までとなっているので、借入れができないことが多いのですが、たとえ65歳以上になっていても年金の収入の3分の1までなら借入れができるケースもあります。

一般的にカードローンの申請可能年齢は、銀行のほうが低い場合が多く、消費者金融会社のほうが高めに設定されている場合が多いです。その他にも不動産を根抵当として持ち家などを担保にしてローンを組むことができる、リバースモーゲージという老後の生活安定を図るために厚生労働省が導入し都道府県社会福祉協議会が実施している公的なものもあります。

こちらは民間の金融機関が扱っているものもありますが、こちらの場合はいわゆる「長生きリスク」という利用期間が80歳から83歳ぐらいまでというものが多く、不動産価格の下落リスクというものも付きまとってきます。そのため、年金受給者の場合、急な資金不足に陥った場合に利用できる公的な融資はほとんど無いに等しく、民間の金融機関を頼るしかないのです。

いかがでしたでしょうか。まずカードローンをする際はじっくり下調べをして、自分にあった金利や条件を見極めてよく考えてから利用をするようにしましょう。

【参考ページはこちら】
カードローン利用と年齢制限に関するオススメ記事

新着記事
カテゴリー
ページトップへ