> > > 消費者金融カードローンは18歳でも借入できますか?

消費者金融カードローンは18歳でも借入できますか?

私は現在大学生です。上京して寮暮らしをしながら大学に通っていますがうちは実家もあまり裕福ではないので仕送りも少ないです。生活費やゼミの合宿費用などお金が足りません。18歳でも消費者金融などのカードローンは利用することができるのでしょうか。

借入先によると思います

18歳で親元を離れて大学に通いながら寮暮らしとは大変ですね。家があまり裕福ではないということで、アルバイトはしているのでしょうか。通常、カードローンを利用する場合の利用条件には安定した収入があることというのが前提です。安定した収入というのは必ずしも会社員である必要はなく、アルバイトやパートでも借入は可能です。

そしてもう一つの条件が20歳以上であることというのは多いです。多くのカードローン会社では原則未成年には貸付は行っていません。一昔前は未成年でも借りることができたらしいですが、未成年は責任能力がないということを理由に両親が裁判を起こし借入を無効にするといったケースも出てきて、会社側としてはそんなリスクを負ってまで未成年にお金を貸す必要はないと判断したようです。

確かに未成年は責任能力に乏しく、また返済能力も低いです。借金をすることの重みを理解しないまま、借入をしてしまう人もいます。ですので、大手の消費者金融は18歳では利用できないところが多いと思います。

しかし、学生ローンならば18歳でも利用できるところもあります。学生ローンとは大学生や専門学校生を対象に貸付を行っている中堅の消費者金融です。アミーゴやカレッジなどが有名です。これらの学生向けのカードローンでしたら18歳でも借入ができます。

ただし、安定した収入があることが前提なのでアルバイトをしていないとお金を借りることはできません。金利は一般向けの消費者金融より若干低めで17%というところが大きいです。学生ローンの特徴としては就職して学生ではなくなった後でも借入ができるという点です。

その他にも学生であれば大学の学生ローンを利用するのはどうでしょうか。大学のローンですと金利が圧倒的に低く、就職してから返済すればいいというところもあります。大学のローンを利用するためには条件もあると思いますがまずは大学の事務局に問い合わせてみましょう。消費者金融で高額な借入をすればその返済のためにアルバイトを増やすなど学業に支障をきたすことになりかねません。それでは本末転倒なので借入先はよく考えましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンと学生ローンの比較についてオススメ記事

消費者金融カードローン18歳でも利用する事が出来るのか

カードローンはお金を借りる行為であるので、基本的には未成年の利用は禁止されています。これは法律で禁止されているので、会社によって違うという事はありません。この業界の会社であれば基本的には禁止されています。ただし例外はあります。消費者金融であれば特定の条件を満たしている場合に限り18歳でのカードローンの利用が可能となっています。(こちらもご参考に→なんでカードローンは利用年齢が決まってるの?

まず、学生ではなく会社に入って働いているという事が条件です。学生である時点でカードローンの利用は出来ません。カードローンを利用するための条件としては経済力と社会的信用があるということです。たとえ18歳であっても経済力さえあると判断されればカードローンを利用する事が可能になります。経済力がある18歳は中々いないので、そもそも18歳でカードローンを利用している人は少数です。消費者金融カードローン18歳で作れるかといわれると難しいという答えになります。

そして成人していないという事は審査においては不利になります。本来作れるはずがないステータスである以上、他の項目においては成人している利用者よりも充実していなければなりません。年収が特別高かったり勤続年数が長いなどの特別なステータスを要求される事になります。ア

ルバイトではなく正社員で18歳から働いたとしても勤続年数が一年以内ということになりますが、その分は社会的信用度でカバーします。18歳である強みは社会的信用度がまだ高いという事です。信用度は生活費の延滞によって下がる事になります。独り立ちしたての18歳であればこの信用度はそれほど下がる機会がないので、社会的信用度が高い数値を保っている場合が多いです。

年齢を重ねるにつれて払い忘れなどによって延滞記録がついてしまう可能性が上がるので、若いうちにカードローンに申込んで審査をしてもらうというのも一つの手段です。一番大切なのは、信用を第一に考えて行動する事です。本人にとっては重要ではないと考えていても、信用は積み重ねであるので払い忘れには注意したいところです。
(⇒カードローン利用と年齢の関係についてもっと詳しく

新着記事
カテゴリー
ページトップへ