> > > 74歳でも借りれるカードローンなんてどこを探してもない?

74歳でも借りれるカードローンなんてどこを探してもない?

年齢が高くなればなるほど、日本は社会保障も充実しているなんて言われていますけれども、社会保障が充実している割には全然消費者金融や銀行系カードローンでは使えるところがないな、というような感じです。74歳でも借りれるカードローンというのもあっておかしくないと思うんですが、今のところ見つかっていないんです。日本には74歳でも借りれるカードローンっていうのはないんでしょうか?どこか探せばあるものですか?

残念ながら74歳でも借りれるカードローンはほぼない

日本は子どもを持っている世帯よりも、老人に向けての社会保障が厚いと言われている国ですから、もちろん74歳でも借りれるカードローンだってあるだろうと考えるのも当然かもしれません。しかし残念なことに、今の日本には相違業者というのはほぼ存在していません。あるとすればかなり危険なところか土地などの担保を持っている場合と思ったほうがいいでしょう。

カードローンというのは無担保無保証人が基本ですから、そういうものについてはまず74歳を超えてしまうと厳しいと思います。しかしなぜ75歳から借り入れが難しくなるかというと、いわゆる国で決められている高齢者の中でも後期高齢者というものに入るからです。後期高齢者となると働くことも難しいし体を壊しやすいというように考えられています。

だからこそ、カードローンというのはそういう返済されない可能性の高い人には貸出をしない、というように決めているのです。特に無担保無保証人のカードローンについては厳しいと思ったほうがいいでしょう。その代わり担保を持っているであるとか、親子ローンのようなものであれば借り入れをすることはできる可能性はあります。子どもの信用力や担保次第、ということになりますが。

結局カードローンというのはそういう老人に向けては厳しい審査にならざるをえないようになっているのです。だから老人向けには厳しいと思っておいてください。特に74歳でも借りれるカードローンは少ないのは後期高齢者に入って行くためなのです。

【参考ページはこちら】
80歳でも利用できるカードローンってあるの?

74歳でも借りれるカードローンがあります!

74歳でも借りれるカードローンがあります。無職だから審査に通らないだろうと思いがちですが、年金などの決まった収入のあると審査に通って借入れする事が出来るです。借りれる金額も5万円など少額な金額から借り入れ出来ます。
少額な金額でしたら、返済も楽にする事が出来ます。一見、退職後の方は年金と退職金で優雅に暮らしていると思いがちですが、年金の受給金額は減額傾向にあり、受給年齢は引き上げ傾向にあります。

また、消費税を含めた税金は値上がりし、医療費の自己負担は増加傾向にあるのです。しかも、長引く不況で満足に退職金を貰えている方は少なくなっています。ですから、退職後の無職の方は大変経済的に厳しい生活を送っている方が増えてきているのです。どんなに節約しても、日用品は値上がりし、光熱水費も値上げで毎日最低限の生活を送るだけでも、かなりお金が必要となるのです。

子供に面倒を見てもらえば良いと言う意見もありますが、子供にも家族がいて家族を養うだけで精一杯の家庭も多いでしょう。子供を当てには出来ないのです。こうしていくら節約をして日々を暮らしても、高齢になると体調を崩して入院するケースも多くなります。入院などになると緊急のまとまったお金が必要となり、お金を工面するのも大変になるでしょう。

そこで、便利なのが74歳でも借りれるカードローンです。年金などの決まった収入があれば、簡単に審査は通り、早急に借り入れする事が出来ます。少額の借り入れですと返済も生活に支障が出ない程度で返済していけるので、安心して借り入れする事が出来るのです。

高齢になると中々お金を借りるところが無いので、緊急時には本当に困ってしまいますが、カードローンが利用出来れば大変助かります。本当の緊急時に是非、利用しましょう。お金が無い事で病気が悪化したりすると益々お金はかかってしまいます。早期に病院に罹り、治療し、最小限の治療費で抑えましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ