> > > 19歳でも社会人として働いてれば、カードローンは利用できる?

19歳でも社会人として働いてれば、カードローンは利用できる?

小さな会社ですが正社員として1年以上働いています。でも高卒で働き始めたのでまだ19歳です。お金を貯めたら家を出て一人暮らしを始めようと思っていたのですが、ちょっとした家庭の事情で、すぐにでも家を出る必要に迫られています。お金が貯まるまで待てないのでカードローンを利用したいのですが、正社員として働いていれば19歳でも大丈夫でしょうか。やっぱり20歳にならないと無理ですか?

未成年者がカードローンを契約するには、親権者の同意が必要です

正社員として真面目に働き、そのうえで自立の計画も立てているとは、若いのにとてもしっかりしてらっしゃいますね。カードローンは「安定かつ継続した一定の収入」があれば、アルバイトや派遣社員でも借入れすることが可能ですが、年齢は20歳以上と制限されています。ですから、たとえ正社員として働いていても19歳では借入れすることはできません。これは何かトラブルが起きた場合、未成年者は民法で保護されており、貸した方が不利益を被るケースが多いためです。

残念ですがカードローンを利用するには、20歳になるまでもう少し待たなければなりません。どうしても今すぐにというのであれば、親権者の同意が必要です。その場合は親権者の支払能力や信用情報などが審査されることになります。親権者に金融事故歴があったりすると、カードローンの利用は難しいかもしれません。親御さんに一度相談されてみてはいかがでしょうか。

19歳社会人はカードローンで借り入れができるか

消費者金融や銀行カードローンなど、多くの貸金業者は20歳以上を対象に貸し付けを行っています。高校を卒業して社会人になった人に関しても安定した収入はあるけれども未成年は未成年なので親の同意がない限りお金の借り入れができないところがほとんどです。

それは日本では20歳になって初めて成人したといえるからです。いくら19歳社会人でも成人していないとまだ自己責任がないとみなされます。だから「自己責任のない未成年でもお金を貸してあげますよ」という金融会社はあまりないのです。未成年と交わした契約は法律のもとでは効力がないのです。

しかし若い人向けのローンの商品も存在します。銀行系カードローンやクレジットカードローンなどにあります。その中には親権者の同意が必要なものがあればなくてもいいものもあります。また社会人でも学生でもどちらでも可能というところもあります。上限額が10万円のものも100万円のものもあります。

学生や新社会人にも急なお金が必要な時もあります。学生でも先輩たちとの付き合いもあれば就活のためにスーツや鞄をそろえないといけない時もあります。学費で困ることもあります。社会人になれば尚更付き合いも広がります。家賃を支払い生活もしていかなくてはならない時にそれ以上のお金が必要になると金融会社のカードローンに借り入れをしたくなることもあるでしょう。

そんなときはインターネットを使って未成年でも貸してもらえる金融会社を探してみるとよいでしょう。19歳社会人でも業者によって借り入れができるかどうか、親権者の同意が必要かどうかなど様々です。それを事前に調べることができます。

しかし若いうちからお金の借り入れが常習にならないように注意することも大切です。どうしても急にお金が必要なときなど最低限度にとどめ、借り入れをしたらできるだけ早く返済をしてしまうことをおススメします。早めの返済で無利子になるというところもあるのです。

【参考ページはこちら】
二十歳の学生、カードローンに申込める?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ