> > > クレジットカードとカードローンの年齢制限について案内して

クレジットカードとカードローンの年齢制限について案内して

クレジットカードとカードローンの年齢制限は同じなのでしょうか?カードローンは未成年だと利用できないとなっていたので気になっています。現在、18歳になったばかりなのですが利用するのはどちらがよいのでしょうか?

クレジットカード利用が推奨となります

あくまでも推奨ですが、推奨はクレジットカードとなります。クレジットカードは18歳以上であれば審査通過で利用が可能になるからです。カードローンについては、成人以上でない限りは「制限がかかる」ようになっているので注意しましょう。制限がかかるというのは、カードローンでは親の承諾がない限りは契約そのものができない制限です。

これについては、キャッシングローンでもありますので、性質でいうとキャッシングローンとカードローンはほとんど一緒となります。また、キャッシングローンとカードローンの違いについてですが、キャッシングローンは「収入条件」があるので、収入が一定額を超えていない場合には借入不可となっています。カードローンは、最低の収入でも問題ありませんし、無収入でも利用を認めているケースがあります。

また、どうしてクレジットカードが推奨となっているのかについてですが、クレジットカードは利用制限が設定できるようになっているからです。紛失などしてしまった場合に、第三者に利用されてしまうカードでは、カードローンが特に多いというのは有名ですが、クレジットカードは利用などの補償についても常に発生していますので、もしどこかで紛失してしまっても電話一本で後の対応は業者がしてくれるようになっており、ローン初心者にとってはサービスのよいカードとなるのです。

クレジットカードローンの申込みと年齢制限について

クレジットカードローンは審査による利用限度額が決められ、その利用限度額に応じた貸付金利が定められ、利用限度額の範囲の中で、何度でも繰り返しキャッシングを利用する事が出来ると言った特徴が有ります。

また、クレジットカードローンには銀行や消費者金融などの商品が有ります。銀行などの場合は、普通貯金口座を持っていないと申込みが出来ない銀行も有ります。この場合は最初に普通貯金口座を作る事で申込みが可能になると言った特徴が有ります。

一般的には、専用のカードが作られて、そのカードを使ってATMやキャッシュディスペンサなどを利用して現金を引き出すのです。また、コンビニエンスストアに設置されているATMを利用する事が可能になっている銀行も多いことからも、24時間いつでも必要な時にお金を借りる事が出来ると言う利点が有ります。

尚、クレジットカードローンには申込みを行う上での条件があります。条件は金融機関により様々ではありますが、年齢制限においては満20歳以上となるケースが大半を占めます。また、年齢の上限については銀行の場合は65歳以下、消費者金融の場合は69歳以下となっているケースが多いのが特徴です。

65歳以下となっている場合は66歳の誕生日を迎えた時点で、新しい借入が出来なくなり、69歳以下の場合は70歳の誕生日を迎えた時点で新たな借入が出来なくなると言った特徴が有ります。高齢者は病気になるなどのリスクが有る事からも、このような年齢制限を設けている金融機関が多いのです。

因みに、60歳を過ぎることで年金受給が可能になるわけですが、銀行のカードローンの中には年金受給者でもカードローンの申込みが可能になっている銀行もあります。消費者金融などの場合ですと、年金受給を受けて更に自らの収入を持っている事でカードローンの申込みが可能になるのですが、年金受給のみの場合は申込みが出来ない消費者金融が多いのが特徴なのです。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の選び方を教えて!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ