> > > 年収240万の私でもカードローンを作りたいのです

年収240万の私でもカードローンを作りたいのです

ちょうど、私の年収は240万円となっています。こんな年収240万の私でも、平均的にカードローン利用することは可能でしょうか?

年収はあまり今では意識されていません

年収がカードローン審査において重要・・・というのは、今から数年以上も前の話です。現在では、「大型融資」などを受ける以外では基本的に属性評価もされなくなっています。属性とは、カードローン審査を受ける人の現況を評価するのに使うものです。「自宅有り無し、電話有り無し、家族有り無し」といった属性が有名です。つまり、年収については後回しで評価されているわけです。

また、年収240万円の場合にはサラリーマン金融では、総量規制がかかっているので80万円まで借りられるとしている人がいたりもしますが、実際は50万円までというケースが多いでしょう。そもそも、サラリーマン金融だけでなく銀行カードローンであっても、「50万円以上については別審査」となっているのです。こちらについては、実際に公式サイトなどのカードローン利用について掲載されているページで確認すると早いです。

そのようなページでは、「50万円以上の借入については収入を証明できるものが必要です」というふうに案内されているはずです。こちらについては、実際に年収が240万円以上であるかどうかだけでなく、今までの勤務で発生している報酬(お給料)が、本当に記録されている状態かをチェックする際に使われています。一般的に貯金通帳の残高や、今までの収入を証明できる口座があるかどうかで評価が違ってくるようになっており、50万円未満であれば審査そのものは甘くなってもいるのです。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

果たして年収240万でもカードローンの審査に通るのか

カードローンはいつでもお金を借りる事が出来るようになる便利なシステムですが、これを利用するには厳重な審査が必要になってきます。その審査の中でも最も重要視される項目が年収です。

年収はその人の経済力を表しているので、この項目の内容が充実していなければ返済能力が無いと判断されてしまいます。返済能力の無い人にお金を貸すという事は会社にとって損失になるので、いくら勤続年数が長かったとしても年収が少なければカードローンを利用する事は出来ません。(こちらもご参考に→年収が低いとカードローン審査は不利?

カードローンはお金に困った時に使用するだけではありません。大きな買い物をする時に役立ちます。これは決してお金が無いから利用するという考えで安易に作成してはいけません。お金が無くて借りてしまえば、金利を付けて返済する事になります。ただでさえお金が無いのに金額を上乗せして返済する事はとても出来ません。

あくまで経済力があって、一時的に纏まったお金が必要な人が利用するシステムとなっています。では年収240万でも審査に通るのかということですが、答えは会社によっては審査に通ります。年収240万と言えば、月給が20万円でボーナス無しということになります。これは会社員の平均の初任給であり、更にボーナス無しという事になるので低収入であると判断されます。

つまり多くの会社ではこの時点でカードローンの利用を断られる事になります。一定以上の年収が無ければ社会的に信用度はありません。そして年収240万でも審査に通ったとしても、ある程度の制限が付く場合があります。その制限とは限度額の制限です。
(⇒カードローンにはどんな制限があるの?

どれだけ借りる事が出来るのかというのは、その人の年収によって決まります。年収を大きく越したり、限度額まで借りると返済に無理が生じる様な場合には、限度額を低く設定されることになります。これは会社にとっても利用者にとっても良い事であり、しっかり貸して返済する関係を作る為の限度額設定になっています。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ