> > > 年収低いとカードローンでは不利なのでしょうか?

年収低いとカードローンでは不利なのでしょうか?

40代なのですが、年収が300万円ほどと年収低い状態になっています。カードローンなどに影響を与えないものでしょうか?

属性に問題がなければ問題ありません

まず、現代でも年収意識についてカードローンでは減っていない状況となっています。年収意識とは、カードローン審査において「年収は絶対」と思っている人のことです。しかし、業者にしてみれば「安定した収入で返済をしてくれる人であれば問題ない」と思っているわけです。カードローンは複雑な機構によって審査をしておらず、今でも人力で審査されている部分は多くなっています。

例えば、年収については500万円未満であった場合には、属性という評価では高くも低くもありません。せいぜい借りられる金額が10万円程度違うくらいです。さすがに、50万円と60万円の借入額で大きくもめるという人はいないでしょう。次に、人力で対応している部分に「在籍確認」がありますが、在籍確認についてはそこまで複雑な審査とはなっていません。

在籍されているのが1・2分の質疑応答で確認できればいいだけです。また、公務員やサラリーマンで借りられる金額に違いがある・・・とされている人もいますが、全体的に見ない限りではそうもなっていません。例えば、サラリーマン金融ではそもそもそのような評価はしていませんし、今では公的な機関によって公務員は借金できるようにもなっているからです。職業が夜の仕事など特殊なものでない限りは差別を受けないと思っておいてもよいのです。

【参考ページはこちら】
年収200万円、カードローンでいくら借りられる?

年収低い場合に作れる可能性があるカードローンとは

カードローンを利用する為には厳正な審査を通過する必要があります。会社にとっても利用者を向かい入れるという事はリスクが生じます。もし返済を滞らせるような悪質な利用者であれば、利益になるどころか会社にとって損害になってしまいます。人件費や時間をかけて審査をしたのにそのような事になれば、全く会社に得が無いということになります。

そのためにも審査は厳重に行われる事になります。まず年収低い利用希望者は真っ先に落とされる事になります。何故ならお金を借りても本当に返済出来るのか会社では判断する事が出来ない為です。もしかすると何か事情があり、返済をしっかりする利用者かもしれませんが、会社にとってはそんな賭けに出る必要はありません。カードローンを必要としている人はかなり大勢います。その中から確実に良い顧客になってくれる人を選出する方が、会社にとってはるかに利益を得る事が可能になります。

では年収が低ければ無条件に落とされるのかというとそうではありません。年齢も低くて年収も低い、しかし勤続年数が長い場合には安定していると言えます。年収が並であっても勤続年数が短ければ安定していないと判断されて審査に通る事はありません。

つまり年収が低かってもその他の項目との兼ね合いによっては審査に通る可能性もあります。その場合に注意したいのは社会的信用度です。年収が低い時点でその他の項目で低い数値であれば即落とされてしまいます。この場合には社会的信用度がより重要になってきます。年齢が低ければ生活費の滞納をしている可能性も低くなります。そういった滞納を一切せずに貯金も貯めているのであれば、社会的信用度は十分であると言えます。

年齢が低いのに充実したステータスを持っている事は少ないですが、社会的信用度は他人よりもある事が多いです。その点に注目して日々の暮らしで信用度を下げるような事をしない事が大切であり、日々の積み重ねがいずれ報われます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ