> > > カードローンで借入れしている人は、年収いくらの人が多い?

カードローンで借入れしている人は、年収いくらの人が多い?

カードローンを利用している人について質問です。単に知的好奇心からですが、一体年収いくらぐらいの人が借りているんでしょうか。やっぱりお金が足りないから借りるんだし、年収が低い方が大多数だろうなあとは思っているのですが…。

実は幅広い方にご利用頂いております

カードローンは安定した収入のある方なら、どなたでも利用できる便利なものです。考えてみると、お金が無いからカードローンを利用するわけですから、年収が高い人はあまり利用しないのでは…と、思ってしまいませんか?実は一概にそうとも言えないもので、年収が高めの方でも利用者が意外にいます。

それでは、カードローンの利用者は年収で見てみればどの程度の割り合いでいるのでしょうか。とある金融機関の統計データによると、最も低い割り合いで世帯年収が400万円以下の方だけで見ても23%、最も高い割り合いが800~1000万円の世帯で、32%の方が利用したことがあると回答しています。

また、全体の平均が28%、ほぼ3割の方がカードローンを利用したことがあると回答しています。カードローンは身近なものになっているというデータと言えますね。年収が高い方の方が、利用者が多いという点も非常に興味深いのではないでしょうか。(こちらもご参考に→年収1000万円の人に最適なカードローンは?

それではカードローン利用者は、どのような用途で利用しているのでしょうか。最も高い割り合いが娯楽・交際費で約48%、次に生活費が約42%。特に生活費は年収と反比例しており、年収が低めの場合は全体の56%、年収1000万円以上だと23%まで減ってしまいます。逆に娯楽・交際費は生活費ほどの差は無いものの、年収が高い方が割合的に多くなっているのが面白いですね。

そんな背景もあるせいか、利用額はやはり10万円未満の少額借り入れが圧倒的に多く、全体の借り入れ金額の割り合いでは約62%になります。次いで10万円以上50万円未満は約27%程度、それ以上は全体の10%といったところですね。ちょっとした食事や映画などをカード支払いで…といった利用者が多いことが数字から予想できますね。

いかがでしたでしょうか。数字で見える面白いものが見えたのではないかと思います。予想に反して高所得者もカードローンを利用していることが分かりますし、全体の3割も利用したことがあるのは驚きですね。カードローンが身近になっている反面、高所得者もそれなりのライフスタイル合わせた出費が発生しているせいなのかもしれません。興味のある方は、より深く調べてみるのはいかがでしょうか。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

カードローン年収いくらでいくら借入出来るのか

カードローン審査に通れば金融業者から借金を行う事が出来るようになります。そこでカードローン年収いくらでいくら借入が出来るのかというと、選択する業者の利用枠によっても違いますし、契約によっても変わりますが、消費者金融の場合は年収3分の1以上の借り入れが出来ないというような総量規制があります。

総量規制によって消費者金融では年収の3分の1までしか借入が出来ないのですが、銀行の場合は、この総量規制が適用されない為に、それ以上の借り入れが可能になっています、銀行カードローンは融資枠が広いのですが、銀行毎に定める基準に沿って、いくら借りる事が出来るかどうかは変わってきます。

審査にさえ通れば上限枠まで借り入れが可能になりますが、年収というものはカードローン審査において重要な要素になりますし、年収が大きい程返済する力があると見なされやすい傾向にありますから、大きな借り入れでも行いやすくなります、しかし、年収が大きくても、職種が不安定であったり、借金癖が強くてすでに沢山の業者から借金がある状態であったり、返済時に延滞、滞納したりといった方は、審査に通りにくくなります。
(⇒カードローン審査に通らない!何かいい対策法はある?

年収が高くても、審査が通らなかったり、融資枠が小さくなる事は多々ありますから、カードローンを利用する時には、計画を持って、確実に返済出来るような利用方法をとり、延滞や滞納を行わずに約束に従って借金返済を行うようにする事が望ましく、信用情報を損なわないような利用をしていると、大きな借り入れを行いやすくもなります。

年収によって規制される事もありますが、総量規制対象外のサービスもあり、消費者金融では借金を返済する事に集中出来るおまとめローンといったサービスの場合は、年収3分の1以上でも借り入れが可能になる事もありえます、もちろん大きな借り入れになるので、必ず返済出来るという見通しを立てた上で、余裕を持った返済を行えるように利用する事が大切になります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ