> > > カードローンの借り入れ相場!年収が低いと限度額が下がる?

カードローンの借り入れ相場!年収が低いと限度額が下がる?

わたしは、年収が低くて、生活にも困窮しています。しかし安定した収入はあるので、カードローンを利用したいと思っています。ただ年収が低いと借入限度額も低いと聞いたので、実際はどうなのか知りたいです。

収入に応じて借り入れ限度額が決まります

借り入れの限度額は金融機関によって異なりますが100万円未満が相場です。しかし貸金業法では年収の3分の1以上の借り入れはできないという規定があるので、年収が150万円だとしたら、50万円以上の借り入れはできません。

ただ収入が多くても審査で落とされる可能性があります。それは他社からの借り入れ状況が大きく関わってきます。多重債務に陥ると、収入が多くても返済しきれなくなるので、カードローンの審査では、返済能力なしとみなされることがあります。もし数社から借り入れがある場合には、大手の金融機関のカードローンを利用することがお勧めです。

複数の借り入れを一本化して、金利も低く抑えることができるコースがあるので便利です。銀行系の消費者金融は審査が厳しく、借り入れが難しいのですが、無利息期間サービスがあったり、金利も低く設定してあるので、安心した借り入れができます。

収入が多いことに越した事はありませんが、同じ収入でも自営従事者とサラリーマンでは大きく審査の属性は変わってきます。カードローンは、サラリーマンや公務員を優先して審査を行うので、収入が少なくても、自分の置かれている環境によって、借り入れの限度額は変わってきます。

【参考ページはこちら】
カードローンの申込みでウソの年収を書いたらどうなる?

カードローン限度額:限度額は年収によって決まるのか

カードローンは無担保、保証人なしでお金を借りることができるシステムです。現在では、多くの銀行や消費者金融がカードローンを取り扱っています。カードローンを利用したことがある人は限度額がもっと高くならないのかと思った方もいるでしょう。

しかしカードローンではお金を借りたいだけ借りるということは出来ません。特にはじめて利用する場合には限度額が50万程度にされていることが多いです。これは、借りた人がきちんと返済するのかという信用がまだないためです。返済が滞ることなくされていれば信用実績があがり、限度額を上げることができます。

また、利用金額が多くなれば収入証明などの書類が必要になる場合があります。しかし、いくら信用度が上がってもカードローンで借りられる金額には上限があります。このカードローン限度額は借り入れ先が消費者金融なのか銀行かによって異なります。

消費者金融から借りる場合には、貸金業法の総量規制によって借入金額は年収の3分の1までと決められています。つまり年収が600万円の人の場合は200万円までと決められているのです。この限度額には、住宅ローンや自動車ローンは含まれません。そのため、すでに住宅ローンがある場合でも年収の3分の1まで借りることは可能です。さらに、銀行のカードローンも限度額には含まれないので、銀行カードローンを利用している場合でも消費者金融でカードローンを利用することが出来ます。

一方、銀行が行うカードローンはこの法規制を受けません。そのため、審査が通れば収入とは関係なく銀行の定めた上限金額までお金を借り入れることができるのです。また、既に消費者金融で限度額までのカードローンを利用している場合でも銀行でカードローンを利用することが可能です。

このように各会社によってカードローン限度額が変わってきます。カードローンを申し込む際には、自分の希望する金額が融資可能なのかどうかをまずはチェックしてみましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ