> > > 年収100万円でのカードローンの限度額は借りるとこによるの?

年収100万円でのカードローンの限度額は借りるとこによるの?

私の給料が少ない為に、妻が朝から夕方までパートをしてくれています。年収でいうと100万円くらいです。私の給料の足しになっている為、妻には自由なお金があまり残りません。欲しい物があるとの事で、自分でカードローンを組んできたようです。自分で返済するからと借りた金額などは秘密にされたのですが、返済できるのか心配です。年収100万円でのカードローンの限度額はいくらくらいなのでしょうか?

平均的に20万円くらいでしょう!心配ないと思います!

どこでカードローンを利用しているのかというのによって限度額は変わってきます。総量規制の対象となっている消費者金融などであれば、年収の3分の1が限度額です。多くの貸金会社は融資可能枠を10万円単位にしているので、最大限度額が30万円という事になります。

銀行のカードローンを利用されている場合は、総量規制は関係ありません。各銀行が設定している限度額、「どんなに年収があっても1人につき○○万円までしか貸しませんよ。」としている金額が限度額になります。例えば50万円~800万円が融資可能額だという銀行の場合、年収がいくらであろうと限度額は800万円になります。この範囲で審査を行い、実査の融資可能枠を決定します。

ならば、100万円しか収入のない奥様でも、この銀行であれば800万円借りてしまうのだろうか?という心配が出てくるかと思いますが、それは“ない!”と言い切って大丈夫でしょう。住宅ローンや自動車ローンなどは、場合によっては年収以上の融資もあり得ますが、一般的なカードローンの場合、年収を上回る事はないと思います。

貸金会社によって基準は変わってきますが、基本的に3年で完済できるような金額以上になる事はないかと思います。パート主婦さんの場合、自分のお給料だけで返済をするならば月に1万円くらいが妥当でしょう。年に12万円、3年で36万円です。総量規制の30万円という枠が妥当ですね。フルタイムパートや勤続年数がそこそこあったり、毎月3万円ずつ返済している実績が多いなどになると、将来的に倍以上の枠になる可能性もあるかもしれません。ですが、年収を上回る事は基本的にありません。

総量規制の対象である消費者金融などであっても、初めて利用するパートだけしかしていない奥様に、いきなり最大の30万円を融資するかと言えば、これも消費者金融によって基準が様々で分からないですが少ないと思います。多くは10万円くらいの枠から初めて様子を見ると思います。

想像するに、奥様は初めてのカードローンだと思われます。なので10万円くらいの枠になっているのではないかと思いますね。消費者金融であっても、銀行であっても、30万円を超える枠を貰ってる事は今の段階ではないと思います。貸金会社も返して貰わないと利益がないので、無理な融資はしないと思いますよ。そんなに心配ないと思います。

年収100万円以内のパート主婦の方が自分でカードローンを利用した平均的な融資可能枠は20万円くらいだと思います。銀行になると50万円とかも稀でしょう。2・30万円くらいならば、毎月の返済を1万円以内にする事も可能ですので、無理なく返済はできると思います。また、年収以上の融資を希望した場合ですが、例えば600万円とか…。あまりに高額な融資を希望する時には最低年収を必要とする事も多いです。なので奥様の年収では申し込みすら不可なので安心してくださいね。

【参考ページはこちら】
カードローンの年収に関するオススメ記事

年収100万円のカードローンの限度額の計算方法

年収100万円のカードローンの限度額の計算方法は、それほど難しくはありません。基本的に、カードローンは上限が存在するものと存在しないものの二つがあります。前者に関しては銀行法という法律によって提供できるサービスで、後者に関しては貸金業法で提供するサービスのことを指します。限度があるカードローンは貸金業法に依存するサービスですので、まずはこの点をきちんと理解しなくてはいけません。

貸金業法で提供されるサービスには融資の枠の規制があります。これは総量規制という規制なのですが、この規制は少額融資のサービスならば必ず適用される法律で、勝手な判断によって融資の金額を増額させたりすることは出来ません。仮に、金融業者の勝手な判断によって増額をしてしまうと、その業者は行政処分の対象として罰を受けることになるのです。

では、総量規制は具体的にどのような規制を言うのでしょうか。これは、融資の申請を受けている本人の年収の三分の一を上限としてお金を貸すことを許している規制のことを言います。本人の年収を基準としてお金を貸せば、この範囲でどれだけ大きなお金を貸したとしても返済能力が衰えることはありません。安心してお金を借りることも貸すことも出来るのです。

仮に、年収100万円の人がカードローンを利用する場合には、約33万円のお金を借りることが出来るようになります。注意をしなくてはいけないのは、この約33万円のお金は一つの金融業者からではなく全ての業者を含めた合計金額であるということです。一つの会社で20万円のお金を借りたときには、他の会社でお金を借りようとしても最大で13万円のお金しか借りることが出来ません。

このように、貸金業法の適用を受けるカードローンでははっきりと融資の限度額が決まっているのです。計算方法も非常に簡単ですので、お金を借りるときには自身の債務の状況を把握しながらお金を借りるように考えなくてはいけません。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ