> > > 年収って関係あるの?カードローンの借入限度額

年収って関係あるの?カードローンの借入限度額

初めてカードローンでの借り入れを考えています。現在フリーターでアルバイトをしています。収入が少なく貯金もないのですがバイクが欲しいと思っていて購入のための資金として借り入れたいと思っています。借り入れについては年収が関係あると聞いたのですが、関係あるのでしょうか?

年収って関係あるの?カードローンの借入限度額

年収は関係ありますね。むしろ、年収で借り入れの金額決まります。カードローンの会社の審査は年収などの情報を元に月々どれくらいの返済が可能かを査定します。それが借り入れ限度額になります。

借り入れ自体は安定した収入さえあれば問題ありません。バイクの購入を考えておられるとのことですが、バイク購入を目的として借り入れることはできますが、バイク購入のためのローンではないので全額分借り入れできるかはわかりません。あくまで収入に応じた借り入れ限度額となるでしょう。

また、消費者金融での借り入れの場合、総量規制という法律によって借り入れの限度額は年収の3分の1までと決められています。これは、1社につき借り入れられる金額ではなく、個人が借り入れできる限度額です。金融機関は個人信用情報機関というところに加盟しており借り入れの情報はすべて登録され情報が共有されているので1社で借りている金額他社でも把握できます。複数社で借り入れる場合は、合計で年収の3分の1までの借り入れとなります。

ただし、銀行カードローンについては総量規制の対象外となるので、年収の3分の1以上の借り入れも可能ですが、あくまで収入を軸に借り入れ限度額が決定されます。

カードローン借入限度額と年収の関係性とは

カードローン借入限度額と年収には密接な関係があります。これは法的な規制により、カードローン借入限度額は年収の三分の一までとなっているためです。そのため、特定の業者からの借入額が五十万円を超える場合と、複数社からの借入で合計の融資額が百万円を超える場合には、年収を証明する書類の提出が必要となっているのです。

このカードローンの規制は、多重債務の問題を防ぐ為に施行された総量規制というもので、個々の収入でまかなう事ができない金額の借入を防ぐ為の処置となっているのです。そして、このカードローン借入限度額の規制には例外があり、銀行からの融資は対象外となり、銀行系のカードローンの場合はこの規制の枠を超えた借り入れが可能になります。

一般的なカードローンは総量規制の対象となり、年収の三分の一までの融資が限度となりますが、これは給与による収入だけではなく、他にも収入源があれば加算できる為に、融資額は大きくする事ができます。また、配偶者の収入を計上して借入することもでき、この場合には夫婦関係を証明する書類と、配偶者の方の年収が証明できる書類の提出が必要になります。

そして、このカードローンの借入で適用される総量規制は、住宅購入の為のローンや、個人事業主の方が事業資金のために組むローンの場合は対象外となります。そのため、通常のカードローンを提供している消費者金融や信販会社などは、この規制の対象となるのです。

また、このカードローンの借り入れ限度額は、専業主婦の方の場合には注意が必要です。専業主婦の方の場合には、定期的な収入がない状態で、基本的には消費者金融などからの借り入れはできないことになります。しかし、業者によっては配偶者の収入を証明する書類を提出する事で一定の金額の借入ができ、配偶者の方の同意書を金融機関に提出する事で、幾つかの制限がつきますが、通常のカードローンと同様に融資を受ける事が出来るようになっているのです。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用しやすい職業ってあるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ