> > > 年収以上の借入をカードローンで行うことはできるでしょうか

年収以上の借入をカードローンで行うことはできるでしょうか

私が勤めている会社は給料が一般の会社員に比べて低い会社です。仕事内容に満足しているので、生活に余裕は出ませんが、給料が低いことにあまり不満はありません。

今度、大きな出費の予定があり、カードローンを利用しようと思っているのですが、年収が低いためあまり借りられないんじゃないかと心配です。年収以上の借入をカードローンで行うことはできるでしょうか?

年収以上の借入は可能性はなくはないが、非常に難しい!

結論から言わせてもらうと年収以上の借入をカードローンでできる可能性はないわけではありませんが、難しいことともいえます。

まず、年収以上の借入を行うには消費者金融のカードローンでは絶対に無理です。というのも、消費者金融は貸金業法に則って運営をされており、貸金業法の中には総量規制という規定があるからです。この総量規制では年収の3分の1以上の貸付が禁止されています。ということは、年収以上の金額を借りることはできません。なので、消費者金融では年収以上の借入をすることは法律的に不可能です。

総量規制に引っかからないカードローンは銀行のカードローンになります。銀行は銀行法なので総量規制とは関係ありません。なので、年収以上の借入を行いたいなら銀行のカードローンを選ぶ必要があります。(こちらもご参考に→自分に合ったカードローン会社の選び方を教えて!

しかしながら、銀行は消費者金融と異なり年収での制限はありませんが、審査が消費者金融に比べて厳しいとされています。審査では返済をしてくれる人かどうか、信頼できる人かどうか、を重要視されますが、銀行から信頼を得るのは至難であることは言うまでもありませんね。そのため、年収以上の希望金額を提示した場合に年収以上の金額をしっかり返済してくれるのかどうか、信頼できるかが厳しく問われることになります。

今回、ご質問者様はどれだけの金額を借入したいのかはわかりませんが、それがカードローンが提供している最高額に近い金額であればあるほど借入できる可能性は低くなります。なぜなら、大抵のカードローンで最初の契約ではそこまで大きな利用限度額を設定しないからです。

どのカードローンでも最初は確実に返済ができると思われる金額からはじまり、利用履歴や期間に基づき、一定の期間で審査を自動的に行い、信頼が契約時よりも上回れば、利用限度額の増額を行うというスタイルをとります。そのため、実績のない最初から大きな額を設定することはあまりあり得ません。これによってご質問者様の利用したい金額によっては借入がさらに難しくなることもあります。

このように、年収以上の借入は銀行カードローンでならば法律上可能ではありますが、カードローン側からすると、とても難しいことになります。年収以上の貸付というのは、カードローン側としてもリスクが高く、返済できない可能性を多いに考えるため、希望の金額に沿えない可能性のほうが高いのです。

カードローンで年収以上の借入が出来てしまうケースはあるか

今は総量規制という法律があり、個人が年収以上のお金を借りることは出来ないようになっています。では、いくらまでなら借りられるのかというと三分の一までです。なので、年収250万円の人は75万円が上限ということになります。総量規制は一社あたりの債務に適用されるものではなく、全体に適用されるものなので、たとえば、既に50万円の債務がある場合は、他のカードローン会社に新たな借り入れを申し込んだとしても、最高で25万円までしか借りられないということになります。

貸金業者は信用情報会社のデータを見ることで、客ががいくら借りているのかわかるので、申込書に書かれている年収から算出した上限額以下の金額を限度額として提示出来るのです。総量規制は基本的に消費者金融の債務に対して適用されるものであり、銀行から借りる場合は、個人向けのカードローンから借りる場合でも総量規制の対象外です。

ただ、銀行の審査担当者も、勿論、信用情報会社を通じて客の債務はわかるので、無担保、保証人なしのフリーローンで年収以上のお金を貸すということはまずありません。

しかし、客が結果的に年収以上の借入になってしまうということがあります。それはどういうケースかというと、借り入れの審査の時に提出した収入証明が、去年の収入に基づいている場合です。たとえば、確定申告書を提出した場合が該当します。確定申告書を出せば、融資限度額は去年の収入をもとに決められるため、たとえば、去年の収入が年収300万円で、今年の見込みは50万円という場合、利用限度額が年収を超える可能性が出てきます。

限度額が去年の収入の三分の一である100万円に設定されて、60万円を借りたら、その時点で債務が今年の収入を上回ってしまうということになるわけです。年収を超える債務を返済するのは大変なので、もし、今年の年収を超える利用限度額を設定された場合は、下げてもらった方がいいでしょう。

【参考ページはこちら】
年収によっていくらまで借りられるかが決まるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ