> > > カードローンの極度額と年収は、どのような関係なの

カードローンの極度額と年収は、どのような関係なの

カードローンのお申し込みをするにあたって、私の頭を悩ませているのが極度額(融資限度額)です。もし見当違いな額を入力してしまうと、審査を落とされてしまいますよね?カードローンの極度額と年収は、どのような関係にあるのですか?適正な額を入力して審査を通りたいので、教えて頂けないでしょうか。

基本的に年収の1/3が限度だと認識して下さい

消費者金融には総量規制という決まりが存在します。これは年収の1/3以上の融資を制限する法律で、例えばあなたの年収が300万円ならば、極度額は100万円まで。400万円ならば約133万円までと、年収に応じて可能な極度額が上下します。

既に他社と契約を結んでいる場合は、もちろんそれらの極度額も合算した上で審査が行われます。例えば年収が300万円で、既に2社(共に極度額50万円)と契約をしていると、その時点で新規の契約は不可能になってしまう、という訳ですね。魅力的な消費者金融を見つけ、どうしても契約をしたいと思ったけど、極度額に不安がある場合は、事前に他社の完済・解約をしておくとよいでしょう。

例外は銀行系のカードローンで、こちらは総量規制対象外。年収の1/3以上の融資に対応していますが、個人事業主や経営者でもない限り、そこまでの融資は必要ないでしょう。仮に多額の融資が必要で、銀行系を選びたいのなら、まずお使いの銀行をチェックして下さい。銀行系カードローンはご契約者様の情報を元に、自発的な審査を行うケースが多々ありますので、ATMなどに融資のご案内が表示されていれば、簡単な手続きで融資を受けられます。

【参考ページはこちら】
年収って関係あるの?カードローンの審査

カードローンの極度額の年収の関係について

カードローンでいう借り入れ極度格とは借り入れできる最大の額のことで、限度額とは大きく異なります。端的に言えば極度額に設定された値までお金を借りることが可能でいわば理論値です。限度格というのは実際にATM等から制約なしで引き出せるお金のことです。限度額とは現在の審査で借りることができる上限のことを指し、極度額まで増額することが可能です。

しかし多くの場合審査に通りやすいように、または年収の関係上限度額は極度額より小さめに設定されます。極度額というのは消費者金融にしろ、銀行にせよ大抵の場合はその会社の利用規約上借りることができるお金のことを指します。つまりサラリーマンか、バイトか主婦かパートか派遣社員か等にはほとんど左右されず同じ会社を利用するのであればほとんど一定であることが多いです。(こちらもご参考に→カードローンを利用しやすい職業ってある?

これに対して限度額というのは年収によって左右されるのが大きな特徴です。最近では法律で総量規制というものが制定され、消費者金融の場合前年度の年収の3/1以上の金額を借り入れが不可能になりました。

もしこの総量規制を無視して3/1以上を融資した場合、融資した消費者金融は法律によって罰せられることになります。この総量規制は消費者金融にのみ適応される法令であって銀行はその限りではないものの、基本的には銀行もこの法令に準じた動きを見せており、応じた額の融資をするようになっています。限度額の場合は無審査で引き出すことができる金額のことを指し、例えば年収があがった場合には審査を受けなおして引き上げることが可能です。

また、基本的に金融機関の貸し出すことのできるお金の上限が設定されることの多い極度額ですか、上限設定されない場合も多くあり、この場合は増額や増枠審査というものを経ることで引き上げることが可能です。つまりこのような場合には年収が大きく関係してきます。従来は曖昧な意味を持っていましたが、総量規制が出来てからは3/1以下に設定されるようになりました。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ