> > > 年収の三分の一以上融資可能な銀行カードローンは?

年収の三分の一以上融資可能な銀行カードローンは?

友人とルームシェアをしていましたが友人が出て行ってしまい自分ひとりで家賃を払わなければならなくなりました。とりあえずカードローンで借りてどうにかしようと思います。ただ、私の年収は200万ぐらいなので借入できるとしても少なそうです。年収の1/3以上融資してくれる銀行のカードローンってありますか?

あると思いますが絶対とは言えません

二人分の家賃を一人で払っていくというのはとても大変なことだと思います。とりあえずカードローンを利用するのは仕方ないと思いますが今後どうするのか早く決めて、引っ越しするなり新しいルームメイトを見つけるなりした方がいいと思います。年収の1/3以上借入できるカードローンをお探しということですよね。これは総量規制によると年収の1/3までしか借入できないのでぞれでは少なすぎるということでしょうか。

通常、総量規制が適応されるのは消費者金融です。だからこそ銀行のカードローンをお探しなんだと思いますが、銀行は総量規制の対象外と言っても結局のところ年収に見合った金額しか貸してくれません。あなたのように年収200万円の人が100万円借入するのは無理だと思います。たとえば年収が2000万円の人が800万円借りるのはひょっとしたらありかもしれませんが、あくまでも高収入で返済見込みが高い人に限られると思います。

質問者様は年収が200万円なのですぐに60万円程度は借入できるだろうと思っているかもしれませんが、そうとは限りません。新規のカードローンを申し込んだ場合、すぐに限度額いっぱいまで借入できるとは限らないのです。カードローン会社はまだ申込者がきちんと遅れなく返済してくれるかどうかわかりません。

とりあえずは最低限のお金を貸して信用できる相手かどうか確認する期間があります。大体その期間が半年ほどなのでそれ以降増額できる可能性が高くなると言われています。ですので、質問者様も年収の1/3以上どころか想定してた金額よりも少額の借入になってしまいがっかりするかもしれませんよ。

年収の1/3より多く借入しているケースといえばおまとめローンや借り換えです。この場合は現在複数の会社にある借金をまとめて返済してしまおうという目的である程度まとまったお金を借入するので年収の1/3をオーバーすることもあります。ただし、おまとめローンは必ず借金の返済にあてなければならないので質問者様の場合には当てはまりません。まずは年収の1/3うんぬんよりもどこで借入すれば最も多くお金を借りることができるのかリサーチした方がいいと思います。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準についてもっと詳しく!

年収の三分の一以上融資可能な銀行カードローンの特徴の解説

カードローンには大きく分けて銀行系、信販系、消費者金融系の3つがあります。この中で信販系と消費者金融系は貸金業法が適用されるため、総量規制によって融資額の上限が全ての借入の総額が年収の三分の一までに制限されます。年収の三分の一以上融資可能な銀行カードローンは銀行法が適用されるため、貸金業法の総量規制の影響を受けません。

銀行カードローンでは融資額の上限が高いだけでなく金利も低いという特徴がありますが、契約時の審査も厳しくなります。しかし、審査が厳しいと言っても、最初に契約する場合には定職に就き、安定した収入を得ており、個人信用情報機関に事故情報が登録されていなければ落ちることは少ないです。

また、一部の銀行カードローンでは学生や主婦に対しても融資額の上限を10万円程度に抑えて融資を行っているものもあります。ただし、全ての銀行で積極的に融資をしてくれるわけではないため、どの銀行が融資を受けやすいか調べておく必要があります。

金利が低く、大口の融資も可能であるため、審査に通れるようであれば銀行カードローンを利用するのが良いです。また、金利は借入額によって変動することが多く、借入額が多いと金利は低くなるため、銀行カードローンに一本化すると金利を抑えられます。

銀行カードローンは法的には総量規制の対象外であるため年収の三分の一以上の融資が可能ですが、十分な利用実績がない場合は融資額の上限は低くなります。そのため、利用実績を作って増額の申請を行う必要があります。

増額の申請を行う場合、カードの契約、または前回の増額から最低でも6か月は空けて利用実績を作るようにします。この間に返済の遅延を起こすと審査に通ることはほぼなくなるため注意します。

返済方法はリボルビング方式であることが一般的です。銀行で設定されている月々の返済額では返済は楽になりますが、返済期間が長期化して利息の総額が高くなります。利息を減らすには繰り上げ返済で積極的に元金を減らすことが有効になりますが、これには手数料が必要なこともあります。そのため、金利だけでなく、繰り上げ手数料も含めて利用する銀行を選ぶと良いです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ