> > > カードローンの申し込みで年収を嘘ついたらどうなりますか?

カードローンの申し込みで年収を嘘ついたらどうなりますか?

自分は年収が低く、そのせいでカードローン審査で損をしてるなと思うことが多々あります。もし年収に関して嘘の申告をしたらどうなるのでしょうか。少額の借入の場合、収入証明は必要ありませんよね。それだったら年収を多少高めに申告してもばれないと思うのですがどうでしょうか。

審査をするのはその道のプロですよ

年収で嘘の申告をしたらどうなるのか、誰でも一度は思ったことがあると思います。とくに近年カードローン審査では借入額が一定以下であれば収入を証明する書類なども不要です。そのため年収を調べることはないだろうと思うのも無理はありません。しかし、審査をしているのは審査のプロです。審査する側が素人に騙されていては経営は立ちいかなくなるものです。

まず大切なのが総量規制の存在です。総量規制が制定されてからは借入は年収の1/3を超えることはできません。もしカードローン会社側がこの法律を破った場合は罰せられることになります。そして何よりももし申告された内容に騙されて多めに貸付を行えば利用者は返済が厳しくなり、結果的には貸した金を回収できないことになりカードローン会社が損をするわけです。会社として運営している限り、そのようなリスクを犯すことは許されません。

まず審査をする側は年齢や勤務先の会社の規模などからおおよその年収というものを把握しています。それまでに何万人という申込者を審査してきているわけですから当然です。もし申込者が年収を平均よりも高額に申告した場合、審査する側はあれっと思うはずです。そうなるとその申込者や勤務先について普通よりも詳しく調べることになり、もし疑問が残れば収入証明の提出を求められることもあります。そこで実際の年収より多く申告したことが判明すれば信用できない人物として審査にはもちろん通りません。それではせっかく借入できるものも1円も借りることができなくなってしまうわけです。

同様に過去の借入歴や他社からの借入について虚偽の申告をする人もいます。しかし、こちらは信用会社が保管している個人の信用情報と照らし合わせるわけですからすぐに嘘だということがばれてしまいます。年収でも借入歴でもとにかく嘘をつくのはよくありません。お金を貸すのですから嘘をつく人、信用できない人には貸したくないと思うのは当たり前です。自分の属性に自信がなければ借入先を再検討するなどの対策をし、虚偽の申告で審査をすり抜けようなどとはくれぐれも思わないようにして下さい。

【参考ページはこちら】
カードローンと年収の関係についてオススメ記事

カードローンの審査で嘘の年収を言っても意味がない

カードローンの審査を受けるときには、金融機関に対して嘘の年収を言っても意味がありません。なぜそのようなことが言えるのかというと、多くの金融機関で年収はカードローンの審査にとってそれほど重要な審査の基準になっていないからです。確かに、お金を借りているためにはどこかで働いていることが必要になりますが、それは一定の収入を必要とする意味ではないのです。

事実、カードローンは正社員だけではなくアルバイトやパートであっても利用することができるサービスです。アルバイトしかやっていない学生やパートしかやっていない主婦であってもお金を借りることが出来るのが、カードローンの大きな魅力の一つですのでそもそも得ている年収に関して嘘の報告を金融機関に対して行う必要性は全くありません。

そもそも、自身が得ている収入が審査に影響を与えるのは、住宅ローンなどの融資の枠に規制が存在しないローンなのです。多くの金融機関で提供されている少額融資のサービスでは、融資の枠に規制が存在しますので一定以上のお金を貸すことが出来ません。特に、個人の消費者に対してサービスを提供する消費者金融のサービスではこれは顕著になっています。

消費者金融が提供するキャッシュカードを使うサービスに必要なのは、少しの収入でも良いのでお金を稼ぐことが出来る職です。実際に審査をするときには、この職に関して消費者金融から詳細な質問をされることはありません。電話の確認一つで審査を済ませることが出来ますので、そもそも所得の証明書を渡さなくてはいけないといって先入観そのものが間違いだと断言できます。

カードローンは、提供する会社によって様々な審査の形態があります。消費者金融が提供しているサービスでは必要な書類はほとんどなく、口頭の審査が一般的になっていますので年収を誤魔化さなくても十分審査に通ることが出来るということを忘れてはいけません。大切なのは、職に就いているという事実なのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ