> > > カードローンで借りている時に年収が下がったら?

カードローンで借りている時に年収が下がったら?

消費者金融から50万円の限度枠で枠いっぱいに借り入れをしています。ところが最近、会社の経営が傾いているようで年収が激減してしまいました。そんな時に限って消費者金融から今の源泉徴収か給料明細を提出するように言われてしまいました。ホント、どこかからか年収が下がった情報が漏れているのかと思うほどのタイミングでした。

そこで質問なのですが、消費者金融などのカードローンで借りている時に年収が下がったら?源泉徴収で計算をしてみるとどう計算しても50万円の借入れ金額は年収の三分の一を超えています。この場合では、源泉徴収を提出した時から限度額が下がったりするの?限度額からの差額分は一括返済とかしないといけないの?

年収が下がると限度額も下がる可能性あり

消費者金融からの借り入れというコトなので、年収のチェックが入ったのですね。年収が下がったというコトですが、消費者金融では年収の三分の一を超えて借入れできないことになっています。これは法律で決まっているのでどこの消費者金融でも守られています。

そのため、申込み時よりも年収が下がってしまって年収の三分の一を超えて借り入れをしているのなら、限度額も年収に合わせて下がってしまいます。例えば50万円の限度額が30万円に下がった場合では現在50万円いっぱいまでお金を借りている状況なら限度額を20万円オーバーして借りていることになりますね。この20万円を一括で返済することになるのかといえば、そんなことはありません。今まで通りの返済となります。

ただし、限度額30万円に対してオーバーして借り入れをしているので借入れ金額が30万円を下回るまで追加で融資を受けることはできません。限度額を下回るまでは返済のみのカードとなりますよ。

【参考ページはこちら】
カードローンと年収の関係についてオススメ記事

カードローンの利用をしていて年収が下がったら?

カードローンの利用をしていて年収が下がったら?どうなるのか気になる所ですが、やはりその年収を毎年見直している状況ではない事から、消費者金融業者や銀行は全く気が付く事がなく利用をそのまま行う事が出来ます。その代わり以前の審査で提示されていた借入限度額の利用が出来る為、その範囲の一杯を使うと返済に困ってしまう恐れがあります。そう言った心配などを考えると一度消費者金融業者や銀行に限度枠の見直しなどをお願いする事も良いことかも知れません。

そう言った事でもし見直しを行わないのであれば、もちろん自己責任となり自分自身が借入に対して返済がどの位までなら出来るのかをキッチリと判断して取引を行う必要性があります。当然年収が下がったら?今までの様にカードローンの利用は厳しい状況となり、生活費などを圧迫するほどの返済を行う可能性まで起こってしまいます。
(⇒年収240万円の私でもカードローンを利用できる?

そう言ったカードローンの利用の事で心配となる事が起こるのであれば、やはりあらかじめそう言った状況を消費者金融業者や銀行などにお知らせする事はとても良い事かも知れません。銀行にしても消費者金融業者にしてもやはり貸し過ぎる事は問題となり、返済が滞る原因ともなります。正しい審査を行った上での利用であれば問題ありませんが、原状と違う状況での利用ともなればやはり返済が厳しくなる事は明らかに分かります。

こうした判断などはもちろん個人で行って構わないのでしょうが、しっかりとしたいと考えているのであれば、それこそ消費者金融業者や銀行などに依頼をしてカードローンの利用限度額の見直しをする事がとても良い方法だと感じます。こう言った状況で利用する限度を規制すれば使い過ぎを抑制する事は間違いなく出来ます。使用限度が超過した場合であれば当然カードローンも利用できなくなり、年収が下がったら?やはりこう言った心配は尽きなくなるので、早めに銀行や消費者金融業者に尋ねてみる事が得策となります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ