> > > カードローンすべての合算が年収と総量規制に関係する?

カードローンすべての合算が年収と総量規制に関係する?

カードローンの消費者金融では総量規制ってありますよね。総量規制以上の借り入れはできないっていうやつですけれども、この総量規制っていうのは年収の3分の1までだというのは知っています。しかし年収の3分の1というのは全部を合算したものなのか、一つ一つの業者で3分の1なのかがわからないのです。

一つ一つの業者で年収の3分の1まで借りてもいいのか、それとも全部のカードローン業者を合算して3分の1までしか借り入れができないのか、どちらが正しいのでしょうか。

総量規制はすべてのカードローンを合算して適用される

年収の3分の1までの借り入れをすることができる、これは消費者金融系のカードローンで適用されているものです。今やほとんどの人が知っていますし、初めての借り入れをする人でも知っているでしょう。ただ、質問者のように借入はどういうふうに計算されるのかがわからないという人もいるでしょう。答えを先に言うと3分の1はすべてのカードローンを合算して、ということになります。

つまり3つの業者から300万円の年収の人が借り入れをするならば、ひとつから50万円、2つ目から30万円を借りていたら、後は20万円を借りる事しか出来なということです。もちろんすべての業者で増額申請を通すことは総量規制的にできないというわけです。このように年収の3分の1というのは全部を合算させた数字ということになります。

ただし総量規制の対象外になっている銀行系カードローンもあります。銀行系カードローンの場合はこれに加えてまだ借り入れをすることもできます。大体2分の1くらいまでと言われているので、この例から考えると後50万円ほど借りることが理論的にはできます。その代わり多重債務になる可能性があるので、実際にはもう少し借りられる金額は少なくなることが予想されます。

もしこれが一つ一つの業者ごとに年収の3分の1まで借りられるようになれば、3社借りることで年収を超えることになってしまいます。だから総量規制というのは合算されて計算されているのです。借り過ぎと貸しすぎの防止というのを目的にしているものなのですから。

年収の合算を利用してカードローンの審査に通過する

カードローンを利用するにあたって、自分の年収が不安だという方もおられることでしょう。カードローンの審査においてはまさしく申込者の年収が調査されますが、あまりに少ない場合は審査を通過できないこともあります。したがってその点で不安を覚えるということもあるかもしれません。

しかしそんな場合には、収入合算を利用することができます。収入合算とは、カードローンを利用する場合に、本人の年収だけでなく配偶者や父母などの収入も計算に入れられるようにするものです。本人の年収に不安があっても収入合算を利用すれば審査を有利にすることができ、大変便利な制度です。収入に不安のある方がカードローンを利用する場合、ぜひともこの制度について考慮してみることをお勧めします。

とはいえ、カードローンの審査では年収だけが審査項目になるわけではありません。他に重要な点として、勤務先、居住形態、信用情報なども調査されます。勤務先で大事なことは、規模が大きいか小さいか、経営が安定しているかどうかです。勤務先の規模が大きければ安定した収入が見込めるため、返済能力が高いと判断されます。また居住形態でも持ち家に住んでる場合は、審査を有利にすることができます。

信用情報で大事なことは、他社からの借入状況と、過去の金融事故の履歴です。他社からの借入が複数あったり、額が大きかったり、過去に自己破産した経歴があると、カードを利用できなくなる可能性があります。

またカードについては、審査のことだけではなく、目的に応じて自分に合ったローンを選ぶことも大切です。例えば、銀行系と消費者金融系ではその特徴やメリット・デメリットに大きな違いがあります。銀行系では総量規制の対象を受けずに金利も安いというメリットがありますが、審査は厳しくなるデメリットがあります。

また銀行系では、審査時間が長いため即日借入には向いてないというデメリットもあります。一方消費者金融系でも、審査は比較的に甘いものの、総量規制の対象とされて金利も高めになるというデメリットがあります。

【参考ページはこちら】
カードローンで年収以上を借りることはできる?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ