> > > 年収によっていくらまでカードローンが借りられるか決まる?

年収によっていくらまでカードローンが借りられるか決まる?

年収というのは消費者金融や銀行系カードローンで大きな要素になっていて、借入できたり審査に通ったり通らなかったりする要因になる、というのはよくわかっています。ただ、年収がカードローンに影響するというのであれば、年収によっていくらまで借り入れというのはできるようになるのでしょうか。

カードローンがいくらまで借りられるかは年収で決まる

年収というのはカードローンがいくらまで借りられるようになるか、というものを大きく決める要素になるのはその通りです。もちろんこれは上限という意味でなのですが、カードローンは年収の3分の1までしか貸出をしてはいけないというように、消費者金融では決められているのです。消費者金融ではない銀行系カードローンでも、年収の2分の1を上限にしている業者がほとんどだと言われています。

じゃあ年収の2分の1を銀行系カードローンは無条件で設定してもらえるのか、消費者金融なら3分の1まで申込み後からすぐに借り入れできるのかというと全く違います。これはあくまで上限金額なので、最初に借りるときは非常に低い金額からスタートすることが多いでしょう。例えば年収300万円であれば3分の1でも100万円まで借り入れができますが、大体50万円スタートが多いとされています。

50万円などのスタートが多いのは年収以外の部分も大いに影響しているからです。年収が高い人であってもそれは同じで、最初に信用力というものをつけていかない限りはどうやろうとも50万円程度からのスタートということになって、上限である3分の1や2分の1まで届くということはないとされているのです。

ですからあくまでこれは3分の1でも2分の1でも上限ということであって、借り入れができる理論的な数値ではあります。ただし誰もが借りられる数値ではないということを理解しておかなければならないでしょう。もし誰もが借りられるんだというように勘違いして借りようと考えていた人はアテが外れてしまうことになるのですから。何事もすぐにお金を貸してくれるような優しいところは少ないのですよ。

【参考ページはこちら】
銀行系カードローンにはどんな魅力があるの?

カードローンいくらまで借りれるかは年収しだい

消費者金融系のカードローンの利用限度額がいくらまで借り入れができるかは、年収しだいになります。それは、消費者金融系などの個人向け貸し付けを行う貸金業者は、貸金業法により最大で貸し付けできる金額が法律で規制されているのです。貸金業法で最大で個人向けに貸し付けできる限度額は、年収の3分の1までとされています。この収入ですが、手取りではなく税金を引かれるまえの総所得の金額になります。

例えば、所得が600万円の人は最大で200万円までの限度額を借り入れすることができます。これは1社で200万円ではなく、取引のある貸金業者での利用残高をすべて合計しての金額になります。そのため審査では、他社での利用残高をも調べられます。借り入れがあるといっても住宅ローンや車のローンの残高やショッピングの分割払いなどの残高は、含めない金額となります。

しかし、所得が600万円だからといって必ずカードローンの申し込みをしたら、その3分の1の200万円の利用限度額で契約できるわけではありません。最大で200万円までとするだけですので、その中でいくらの限度額で契約できるかは、それぞれのカードローン会社の審査基準によって異なります。いくら年収が高かったとしも審査の結果次第では10万円の限度額しかできなかったり、まったく借り入れすることができない審査結果にもなったりします。

最初は、低い限度額であったとしてもずっとその限度額が続くわけではありません。限度額は上下します。契約後もコツコツと支払いに遅れることなく返済実績を積み重ねていけば、限度額が増額をできるようになります。その時に、限度額増額の手続きをすれば契約手続き後に限度額が増額になります。それとは逆に他社での利用残高や取引件数が増えたりしてしまうと限度額が減額になってり融資事態がストップすることになることもありますので、返済管理は十分に注意しなければなりません。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ