> > > 銀行のカードローンは年収のいくらまで貸してくれますか

銀行のカードローンは年収のいくらまで貸してくれますか

消費者金融は、法律で決まっているから年収の3分の1までしかお金貸してくれないんですよね。素朴な疑問ですが、上限が決まってないなら銀行は年収のいくらまで貸してくれるのでしょうか。

総量規制に関係ないけど、年収の3分の1くらいまででしょう

総量規制の話ですね。カードローンやキャッシングについて、消費者金融で借りる場合は総額が年収の3分の1までしか借りられないという法律がありますね。借りすぎで返せなくなることを防ぐためです。銀行は違う法律が適用されているので総量規制はありませんが、銀行独自の方針があります。返せる見込みのない金額は銀行も貸しませんので、カードローンなどで借りられる額はおおむね年収の3分の1くらいまでかと思います。

総量規制にかからないものとして、住宅ローンや車のローンがあります。銀行は、これらの大きなローンとカードローンやキャッシング、クレジット払いも含めて借入額の返済比率で貸す額を決めます。返済比率というのは、その人の年収からみて返済額が何%あるかという計算です。40%を超すと生活が厳しくなるとみられていますから、総額だけでは判断できないこともあります。

というのも、借り入れた金額を何年で返済するのかによって、返済比率は変わってきます。3000万円の住宅ローンを数年で返済するのはとても大変ですが、30年かかって返すなら毎年の返済額が少ないから可能ですよね。

カードローンやキャッシングは返済期間が決められていませんし、返済しても次を借りていつまでも借金があり続ける状態になってしまうことがあります。そのため、上限を決めておかなければ自分の返済能力を上回る借金をしてしまうこともあり得ます。

銀行で借りる場合は、借りる時点で銀行が「その人の返済能力に見合った借入額であるか」を見てくれるので、返しきれない借金を背負いにくくなります。銀行も、無理なく返済していける金額はおおむね年収の3分の1くらいという見解ですので、それ以上の借入はしにくいと思われます。

【参考ページはこちら】
年収によっていくらカードローンが利用できるかが決まるの?

銀行カードローン年収のいくらまで借りられるのか

カードローンは個人が無担保、保証人なしでお金を借りることができるフリーローンのことをいいます。そのためカードローンでは個人の信用が大切となります。信用とは返済は滞っていないか、収入や職業、勤続年数、他の融資があるかなどがあります。信用はとても大切でこれにより融資の増額の有無が左右されます。(こちらもご参考に→カードローンの増額に関するオススメ記事

そのため、会社へ提出する用紙は正確に答えて虚偽のないように注意しましょう。もし、虚偽が認められた場合にはせっかく許可された融資が中止になることもあります。また、融資の金額が100万円以上など高額になると収入証明などの書類が必要になります。

では、まだ信用実績がない初めてカードローンを利用する人の限度額はどうなっているでしょうか。初めてのカードローン利用では収入などの情報しかないため利用限度額は50万円程にされていることが多いです。返済に問題がなければ、限度額を上げることができます。しかし、限度額には上限があります。上限金額はどこでお金を借りるかによって異なります。以下に借りいれの上限金額を示します。

消費者金融カードローン年収の3分の1まで
銀行カードローン年収のいくらまでの制限はなし。各銀行の定めた上限金額あり。

消費者金融は総量規制という法的拘束があるため年収の3分の1以上の借入は出来ません。一方、銀行はこの法律が適用されないので年収のいくらまでという制限はありません。銀行の審査に受かれば年収に関係なくお金を借り入れることが可能です。そのため、複数の会社から融資を受けている場合には1つの銀行カードローンにまとめることもできます。

融資の金額が多いほど金利は下がるので1つのカードローンにまとめた方が月々の返済額が少なくなる場合もあります。
カードローンを検討する際は、借入希望金額が年収の3分の1より多いのかどうかをチェックしてみましょう。カードローンはインターネットや携帯電話からも申し込み可能です。即日に融資しれくれる銀行もあり急にお金が必要になった場合でも大丈夫です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ