> > > 年収1000万の人は銀行のカードローンでいくら借りれるの

年収1000万の人は銀行のカードローンでいくら借りれるの

消費者金融では、総量規制により年収の3分の1までしか借金できないというきまりがありますね。銀行もお金を貸すけど、総量規制はないんですよね。だったら、年収1000万円の人が銀行のカードローンを申し込んだら、いくらまで貸してもらえるのですか?

銀行によっては、年収に関係なく上限額が設定されています

銀行のカードローンは、商品として上限が設定されていることがほとんどです。多くは500万円くらいですが、高いところでは1000万円という場合もあります。

しかし、誰でも初めから上限いっぱいまで借りられるものではありません。その銀行とのつきあいがあるか、他に借入がないか(住宅ローンや車のローンも含む)、消費者金融での借入歴がないか、今までの借入について延滞履歴がないか、借りる人の職業、勤務年数、年齢、勤務先の規模など、細かい条件をチェックしたうえで貸すか貸さないか、貸すならいくらかが決定されます。初めは確実に返せると思われる額に設定され、返済が順調ならば審査のうえで限度額が上がっていきます。

銀行によっては、年収によって貸し出す額の上限を設定しているところもあります。某地方銀行では、年収200万円で50万円・・・から始まって、年収1000万円では500万円と明記されています。また、借入額によって返済の最低金額も設定されています。

年収の半分も借入があったら、毎月毎月の返済は楽ではないはずです。返済金額を明確にすることにより、きちんと返していける借入なのかを判断することができますから、無理な借入をしなくてすむといえるかも知れません。

年収がいくらあろうと、返しきれない借入をするのは借りる人も貸す人もありがたくないので、たいていは返済比率などから返せるだろうと判断された額が上限になるといえるでしょう。やはり、年収の半分くらいまでと考えた方がよさそうです。

【参考ページはこちら】
カードローンで年収の3倍借り入れできるところってある?

銀行カードローンで年収1000万あればいくら借りれるか

銀行カードローンで年収1000万あればいくら借りれるかと言えば、基本的に年収の3倍と言われていて、基本的に3000万円までの借入であれば限度額の設定がされる事となります。この様な条件でいけば、マンションなどにも手が届いたりする事で、あらゆるローンが出来る状況にもなります。

こうした銀行カードローンで年収1000万あればいくら借りれるかなどと考えるとやはりその場の状況でどうしてもお金が必要となってその部分での返済などはしっかりと考えていく必要性は当然あります。年収1000万と言えば、かなりゆとりのある家庭となりその状況で借入を行ったとしても、限度額ギリギリまでの借入を行わなければ、スムーズに返済も出来て良い取引が銀行や消費者金融業者などとも行える事となります。
(⇒自分に合ったカードローン会社の選び方を教えて!

銀行カードローンの利用でいくら借りれるかと言った状況で限度額一杯の借入を行っているとするならば、当然今後において長い返済プランを立てて行く必要があり、当然月々の返済が生活費に圧迫する事の無い事を考えながら取り引きを行っていく必要があります。その辺りは、借入をする前の段階である程度分かる事で、銀行や消費者金融業者の方と相談の上で、月々の返済額や利息の事などもキッチリと調べて置く必要があります。

利息についてはどうしても元本にかけて計算を行う為、借り入れ金額が多くなればなるほど返済する利息も大きくなる事は当然の事となります。その為こう言った多額のローンに関しては例え年収1000万の方であってもしっかりと返済プランを立てて借入を行う事がとても重要となります。こう言った取引の中で銀行カードローンの利用に関してどういった状況になってもある程度のシュミュレーションを考えて置く事はとても良い事だと感じます。

銀行カードローンの利用に際して生活費などの事を考えて無理の無い利用をする事は一番大切な考え方で今後もしっかりとした取引を行っていく為には無理の無い取引はとても大切となります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ