> > > カードローンの審査に通る年収ってどのくらいですか?

カードローンの審査に通る年収ってどのくらいですか?

子供が小学校に入ったのを機に、専業主婦からパート主婦になりました。といっても子供の帰宅時間との兼ね合いもあるので、働けるのは平日の午前中の数時間だけです。月に5~6万円程度にしかなりませんが、夫の不要の範囲で働きたいのでちょうどいいくらいです。

しかし事情があって、急に30万円ほど必要になりました。カードローンを利用したいのですが、年収が100万円以下だと借りるのは難しいでしょうか。どのくらい稼いでいれば、審査に通るのでしょうか。

年収の制限はありませんが、安定かつ継続した収入が必要です

一般的には、年収がいくら以上という基準はありません。金額よりも安定かつ継続した収入であることが求められますし、その仕事に長く就いているかどうかも重要なポイントになります。もちろん収入が多ければそれだけ借入れ可能な金額も多くなり、年収が少ないと借りられるのも少しだけということにはなります。

ただ消費者金融で借りられるのは年収の3分の1までと法律で決まっていますので、今の状況でいきなり30万円というのはちょっと難しいかもしれません。パートやアルバイトの借入れは10万円まで、などと制限しているところもあります。審査では他にも、他社への借金の有無、過去の信用情報などいろいろなことが考慮されます。今は簡単な仮審査で借入れ可能かどうか、可能ならいくら借りられるのかというのを、短時間で答えてくれます。一度カードローン会社に問い合わせてみるといいでしょう。(こちらもご参考に→カードローンの仮審査と本審査、何が違うの?

カードローンの審査において年収はどれぐらい必要か

カードローンはお金の貸し借りをするという事になるので、当然利用には審査が必要になります。その審査はその利用者にお金を貸しても大丈夫かどうかを判断する為に必要な事であり、お互いにより良い関係になる為にも審査は必要不可欠です。

この審査では対象者に経済力があり、毎月決まった額を延滞する事なくしっかり返済する事が出来るかどうかを見ます。その為に見られる項目としては、年収や勤続年数等の経済力をまず見られます。年収はその人の経済力をまっすぐに表します。

この年収が低いという事は経済力が無いと判断されます。この時点で審査は打ち切られる事になるのでしっかりと経済的余裕が生まれてから利用する事が大切です。カードローンの審査はとてもシビアな問題であり、どれか一つの項目でも基準を満たしていない場合にはあっさり審査を落とされてしまします。

では年収はどのぐらいあれば確実にカードローンの審査に通る事が出来るのかというと、300万あれば確実です。これは確実に審査に通る年収であるので、実際にはもう少し少なくても通ります。最低240万はほしいところです。240万という事は月給20万円でボーナス無しであるので、社会人の初任給ほどはあるという事になります。

これだけあれば審査に通る可能性としては十分にあります。要はこれ以外の項目においてより充実している事によってカバーする事が出来ます。信用が必要不可欠であるので、勤続年数に関しても重要です。勤続年数はその人物がどれだけ一つの会社で頑張ってきたかを判断する為の材料となります。一つの会社でより長く勤めるという事は忍耐力があり、努力をしているという事であるので、会社にとっても信用する事が出来ます。

この様に経済力だけではなく社会的信用を日頃から得ている事が最重要であるので、どんな事においても信頼を得られるように行動しておくことが大切です。これは積み重ねであるので後悔しないように行動したいところです。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準についてもっと詳しく!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ