> > > オリックス銀行のカードローン審査基準について教えて

オリックス銀行のカードローン審査基準について教えて

オリックス銀行のカードローンは金利が低いので申し込もうと思っています。銀行のカードローンは審査が厳しいと聞きますがオリックス銀行もやはり同じでしょうか。審査はどのように行われるのでしょうか。

カードローンの審査は同じです審査基準を満たす努力をしましょう

オリックス銀行のカードローンは800万円まで融資可能で、金利が3.0%~17.8%と確かに金利も低めの設定になっています。その為に申込みを考えている人も多い事でしょう。他社で複数借入あり、おまとめローンで借り換えを考えている人にもぴったりのカードローンです。申込む人が多いとどうしても審査が厳しくなるのではないかと思ってしまいます。確かに銀行のカードローンは金利を低めに設定している分、リスクを恐れて顧客の品質にこだわる所が多いのです。審査もそれだけ厳しくなるのも事実です。

でも、審査内容や審査基準がそれ程変わる訳ではないのです。申込みの前に審査基準をしっかりと満たすようにしましょう。まず本人の属性審査では勤続年数が基準を満たしているか、勤め初めてまだ間が無いのならせめて1年間くらい経ってから申し込む方が良いのです。勤務先には在籍確認の連絡があるので、嘘の申告をする事のないようにして下さい。収入は借入金額によりますが後で収入証明書を求められて慌てないように正直に申告して下さい。

そして個人信用情報に関わる事、たとえば過去に金融事故がないか、他社で複数の借入がないか、その借入に関して返済遅延などがないか、そういった事をすべてクリア出来て初めて申込みすべきです。それらがクリア出来ているのなら、審査を恐れる必要はありません。正直に間違いなく申告する事が最短で審査を通過する上で最も大切な事なのです。

【参考ページはこちら】
オリックス銀行のカードローンが選ばれる理由とは

オリックス銀行のカードローンの特長と審査について

カードローンの申込みを行う時には、本人確認用の資料と年収を確認出来る資料の2つが必要になります。これらは審査の際に利用される書類になるのですが、本人確認用の書類と言うのは、住所や氏名、生年月日が確認出来る書類の写しや原本が必要になります。例えば運転免許証などが本人確認用の書類として必要になりますが、運転免許証は全ての人が持っているわけではありませんので、運転免許証を持っていない人は健康保険証などの写しを用意しておけば良いのです。

一方、年収を確認出来る書類と言うのは、サラリーマンなどの場合は前年度の源泉徴収票の写しを用意しますが、自営業などの人の場合は、住民税決定通知書または課税証明書、納税証明書、確定申告書などで、税務署の受領印のあるものを用意する必要が在ります。
(⇒カードローンを利用しやすい職業って何?

また、オリックス銀行のカードローンは、貯金口座振替依頼書を提出する事で、指定の銀行口座に現金を振り込むことが可能になります。そのため、新しく貯金口座を開設する必要もないわけです。オリックス銀行のカードローンは、貸出金額を1000円以上1000円単位としていますので、必要な金額だけを引き出せると言うメリットが有ります。(こちらもご参考に→オリックス銀行カードローンの口コミを教えて!)また、申し込み時の年齢が満20歳以上、65歳未満の人で、前年度の給与収入や申告所得金額が200万円を超えている場合に申込みが可能になっています。

審査は、本人確認を行い、更に収入の確認、個人信用情報の照会などを行い進められていきます。申込みは、オリックス銀行のホームページから行う事が可能になっており、必要な情報を記載の上、送信する事で審査受付と言う形になります。

因みに、ホームページの中にはカードローンの返済シミュレーションを行えるウェブページが用意されています。返済シミュレーションでは、希望の利用限度額と借入希望額を記載の上、計算すると言うボタンをクリックすることでシミュレーションが可能になります。シミュレーションの結果は、返済回数や総返済額、そして利息などを瞬時に表示してくれるのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ