> > > カードローンって年収いくらからで申込が可能になっている

カードローンって年収いくらからで申込が可能になっている

カードローンって年収いくらからで申込が可能になっている?調べてみると200万円で多いような気がする。

年収はあんまり関係ないね

今では、年収イコール高いカードローンを申込むのに必要というだけ。つまり、カードローンって年収いくらからで申込が可能?という質問に対する回答は、年収を意識しないでもカードローン申込できるとなる。また、どうしてそのようになっているのかというと次のような理由もあり、年収というのはどうしても必要というわけではなかったりするから。

理由1は、他の人がカードローン支払いをするケース。このケースでは、カードローンって年収いくらからでも申込ができるようになっている。大事なのは、「過去にカードローンでトラブルを出していないかどうか」となっているので、問題を起こしていない人であれば特に厳しい制限などもなかったりする。支払をする人についてもカードローン返済ができる人であれば問題ないとなっているよ。

理由2は、すぐに返済しないといけないわけではないから。このケースの場合、基本的に返済が数ヶ月後であっても業者については待ってくれるようになっている。大事なのは、借りられる金額を調整して借りてくれるかどうか。つまり、50万円であれば毎月で返済できる金額で利用していれば問題ないというわけ。ただ、あまりにも返済されている借金が多い場合には、借りられる金額の限界についても低くなったりする。このようにケースバイケースでカードローンができるので、カードローンって年収いくらからとか考えないでよい。

カードローンって年収いくらから申込可能?

カードローンって年収いくらから申込可能?

年収ゼロでも借りられます。ただその場合は専業主婦か専業主夫の場合でして、この場合も配偶者にそれなりに収入が無ければ貸してもらえません。そして配偶者に収入が有っても、配偶者が多重債務者とかブラックだったら借りられません。

それで収入が無いとカードローンは貸してもらえませんから、カードローンを契約するにはある程度の年収が必要になってきます。その具体的な数字はというと、まず総量規制で他社との借入総額が年収の3分の1未満に制限されていますから、最低融資額を10万円とすると、単純に年収30万円以上無いと借りられないということです。

しかし、人には生活費というのが有って、年収30万円じゃとても借金を返していけません。貸金業者もそのことをわかっていますから、実際はもっと収入が無いと貸してもらえません。10万円で毎月の元金3000円と金利を返済になりますから、借りる側の月収は毎月の生活費+元金3000円と金利以上無いと貸せないということです。

そして毎月の生活費が、自宅か賃貸かで家賃の有る無しでさらに変わってきます。だから属性審査で自宅と賃貸とじゃ評価が違うわけです。

総量規制の年収の3分の1未満は単純に3年間で返せる額で計算していますから、1年あたり年収の10分の1を返済ということで、逆算すれば10万円ならば年収100万は必要となります。だから単純に年収いくらから申し込み可能と考えると、年収100万が妥当な数字になります。ただ、賃貸に住む人はそれプラス毎月の住居費を追加した額となります。

カードローンって年収いくらから申込可能?と言えばパートでもアルバイトでも借りられるのだから、大体その人たちの年収からも計算して、最低限100万円は数字的にも妥当です。ただ貸金業者によって、数字が変わってきます。しかし最低限100万無いと返済できないから、それ未満で貸してもらえるとしても借りないことです。返済出来なくなったら、困ることになりますから。

【参考ページはこちら】
カードローンと年収に関するオススメ記事

新着記事
カテゴリー
ページトップへ