> > > カードローンは増額をすると損?どんなリスクがあるのか知りたい

カードローンは増額をすると損?どんなリスクがあるのか知りたい

カードローンで増額をしたいのですが、増額に対するリスクがあったら知りたいです。

履歴に滞納があるとカードの使用が停止になることがあります

カードローンの増額は、過去の借り入れ履歴に滞納があったりすると属性が下がり、カードの使用が停止になることがあります。また増額には審査があるので、最初の申し込みの時よりも、収入が減っていたり、勤務先の規模が縮小するなど、回収見込みがないと判断されれば、審査には落ちますし、減額されることもあります。また他社からの借り入れが多い時も審査は厳しくなるので、注意が必要です。

増額審査は、収入に関する調査を綿密に行われるので、源泉徴収票などの収入証明書が必要になる場合があります。在籍確認も申し込み時と同じように行われるので、カードローンの借り入れを秘密裏にしたいと言う人にはリスクになります。金融機関は「借り入れの事実を第三者に知られてはいけない」という法令を守らなければいけませんが、在籍確認は会社や自宅に電話をするので、別の会社や個人名を名のっても、ばれてしまうことはあります。

ある程度借り入れ履歴があって、返済も滞りなくされていれば、増額審査には有利になります。ただ半年程度の利用を経てから増額の依頼をするのが理想的です。ただし滞納せずに期日までに返済していなければ、次回以降の借り入れが難しくなるので、借り入れ前の返済計画はしっかり立てておく事が重要です。

【参考ページはこちら】
カードローンの増額をしたい!という方にオススメ記事

カードローンの利用枠を増額申請するリスクとは!?

カードローンを利用している中で、どうしても利用枠では足りなくなってしまった場合や、あと少し増額すれば、他社のローンもおまとめできる!など、利用枠を増やしたいと思う時は、少なからずあるかも知れません。しかし、簡単に増額を決めるのは待って下さい!なぜなら、それなりのリスクがあるからです。

まず、増額をするにはローン会社の「お得意様」であることが必須条件です。ローン会社側から、増額できますよなどの案内がない限り、お得意様ではないという事を肝に銘じましょう。お得意様=延滞がない、それなりの信用できる裏付けがある。つまり、ある程度の借入から月日が経過していて、かつ延滞がない事が条件となります。逆に、この条件をクリアしていれば、増額は簡単にできるとも言えます。(こちらもご参考に→簡単にカードローンの増額をする方法を教えて!

ただし、基本的には再審査が行われます。この審査は即日中に回答は出ません。つまり、今日必要なお金を今日利用枠を増やしてもらうという事はできないという事です。

また、再審査となるため、万が一審査が通らなかった場合、今までの利用枠が減少したり、借入ができなくなってしまう可能性も少なからずあります。安易に利用枠を増やそうとせず、ある程度信用を作ってからにするのが得策です。特に、銀行系カードローンは審査が厳しく、利用枠の減少はよくある話なので、自信がないのであれば一度担当者に電話で確認をとって見るといいです。

消費者金融では、お得意様であれば、当日中に追加融資してくれる所もあるので、せっかく借入をするなら、何かあった問のためにもお得意様でいられるように延滞をせず、借りたものはきっちり返す心がけをしましょう。たとえ、どうしても月々の返済が間に合わない場合なども、必ず電話をして無断で延滞する事のないように心がけましょう。

人にした事はいつか自分に返ってくるものです。きちんと返済していれば、利用枠の増枠や返済の相談など、対応してくれる事も増えるはずです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ