> > > カードローンで完済すると、即増額してくれる噂は本当でしょうか

カードローンで完済すると、即増額してくれる噂は本当でしょうか

借入の増額をしてくれないとか、して欲しいのにどうやって頼むのか?という疑問が私たち友人の間でよく話題になります。その中で最近耳にした話の中に、借入を完済すると、増額してくれるらしいと聞きました。私は何度も完済しているはずなんですけど、それって本当ですか?

完済はきっかけにはなるが、それが条件ではない

カードローンの増額は、目安として完済は必要です。ですが、完済すれば増額は確実かといえばそうではありません。増額の時はカードローン会社やクレジットカード会社から提案される増額も、消費者から申し出る増額も、どちらも初回申込と同様の審査があるのはご存知ですか?これを知らずに減額や取引停止になる消費者がいて慌てる人が多いんですよね。

増額を希望すると、カードローン会社は再度審査をするので、消費者は最初に申し込んだときの状況のままか、それ以上の自分の社会的ポジションでなければ損をすると思っておいた方が良いと思います。最初の申込時は会社員だったけど、それ以降転職して現在は契約社員になっていた。というようなことが後からカードローン会社にわかると、増額どころかもともとあった貸付枠が減額されたり、ひどい時には取引停止になる場合もあるんですよ。

だから、今まで返済もしてきてるんだから貸付金額増やしてよ、という軽い気持ちで申請する事は危険なんですよ。そして、一度借りて、それを完済してしまい、また借りる、そして完済。という利用の仕方を続けている人は信用されます。借りて借りて…、借りて…というように、滞納は無いけれども借り続けている人は、完済してから借りる人より信用は薄くなると思います。

さらに、返済状況で増額が決まるのなら、利用せずにいたら滞納もないし、増額ができると思う事も間違っています。カードローンに申し込んだが、利用がないとなると、カードローン会社は、その人の返済実績を確認する事ができません。ですから、いずれ増額を希望している人は、利用しないより利用しながら返済を誠実にし続ける方が増額には近道なのです。

【参考ページはこちら】
カードローンを増額するときのコツを教えて!

年収が低くても、何度もカードローンで完済すると増額の可能性が増す

日々の生活においてお金に苦労する局面はたびたび訪れます。その度に財布の中身や銀行の預金残高をかき集めてなんとか凌ごうとしても、それにはある程度の限度があるものです。そうした事態を乗り越えて、余裕を持ってお金のやりくりを続けていくためにも、時には銀行や消費者金融の借り入れサービスを利用してみるのも良いでしょう。
(⇒自分に合ったカードローン会社、どうやって探せばいい?

とくにカードローンは幅広い利用者層にとって使い勝手の良い融資方法です。これは一枚のカードを発行することで、もしも融資が必要となれば近くの提携ATMへと駆けつけることによって、簡単な画面操作で手軽に融資金を引き出すことが可能になるものです。

ただし、カードローンを利用するには規定の審査をクリアしなければなりません。まずはネットや電話、郵送、店舗窓口などで申し込みを行い、金融会社の担当者は主に申請者の職業や年収などをもとにカードローン利用の可否と融資限度額を設定します。こうして個人カードが発行されることで、申請者はあくまでこの限度額の範囲内において融資額のやりくりが可能となるのです。

しかしながら利用者の中には、お金の必要性が相次ぐあまり、次第にこの限度額の状態では足らなくなってしまう場合もあるでしょう。そんな際には手続きを踏むことによって限度額の増額を申し込むこともできます。とはいえ、この増額を叶えるためには幾つかの条件が伴わなければならず、最初のカードローン申請からそう月日が経っていない状態だと叶わない場合が多いようです。増額が実現する条件はといえば、会社内での出世に伴って年収がアップしたり、転勤によって安定した職種に変わったりした場合が多いようなので、これに当てはまる場合には店舗窓口や電話、そしてネット上から増額申請を行うとよいでしょう。

さらに年収がそれほど高くない人でも増額できる可能性は残されています。というのも何度もカードローンで完済すると増額の可能性が増していくからです。これは金融会社側から利用者に寄せられた信頼度が上昇するからで、このレベルの変化によって増額のチャンスが生まれるわけです。

こうした際には金融会社の方から「増額しませんか?」とオファーがある場合もありますし、逆に利用者側から申し込むことで受け入れられる場合もあります。なにはともあれ、増額したければ、まずは決まりを守って長らく使いつづけることが大切なのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ