> > > mufgカードを活用したい!カードローン増額の秘訣を教えて!

mufgカードを活用したい!カードローン増額の秘訣を教えて!

今持っているmufgカードですが、クレジットカード機能の他にカードローン機能もあることが分かりました。しかし、カードローンの借入限度額が10万円と低額設定なので、もう少し増額してから利用したいと思います。増額に際して、何か特別な秘訣みたいなものがあれば、是非教えていただけると助かります。

mufgカード増額の秘訣はずばり、借入頻度・返済履歴・年収です

mufgカードとは、三菱UFJニコス株式会社が発行するクレジットカードです。かつていくつかあったクレジットカードの規格は、mufgカードに一本化されました。mufgカードは、基本的には三菱東京UFJ銀行のインフラを利用しています。そういう意味では、三菱東京UFJ系列のクレジットカードといっていいでしょう。

カードのサービス一つとして、カードローン機能があります。これは、コンビニや銀行のATMやDC(キャッシュディスペンサー)を利用して気軽にお金を借りられるサービスです。もちろん、使用すかるしないかは利用者次第です。しかし、便利な機能には違いがありません。返済も、リボ払いと一括払いの2パターンが用意されています。

1万円以上から1万円単位で借りられるmufgカードのカードローンサービス。多くは、初期設定のときには、借入れ限度額は低額に設定されています。いざ、本格的にカードローンを利用したいと思った時に、この上限ではちょっと…という方もいるかもしれません。そこで、カードローン上限額の増額を考えます。

カードローンの増額と簡単にいっても、申込めばすぐ増やしてもらえる、というものではありません。そこで重要になってくるのが、利用頻度と返済履歴と収入です。もしあなたが、mufgカードのカードローンを一度も利用したことがなければ、実績がありません。この場合は、増額は厳しいかもしれません。カードローンを利用していて、過去にきっちり返済しているという事実が、増額の審査では重要になります。

実際に増額する時には、審査が必要になります。その時に必要なのが、所定の申込用紙と収入証明書です。特に、収入証明書によって返済能力の高さを審査します。十分な収入を得ていれば、それだけでカードローンの借入上限増額に有利に働きます。その他、三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人は、そこでの実績なども考慮される可能性もあります。カードローンの増額に関しては、以上のことに留意して、審査の申し込みをしてみましょう。

mufgカードの利用においてカードローン増額を申請する際の方法とは?

日々の暮らしの中には思いがけない出費に見舞われる機会が数多くあります。そんな時に銀行のカードローンならば利息も低く、低負担にてお金を借り入れることが可能です。とりわけmufgカードならば銀行大手の三菱東京UFJ銀行が提供していることもあって安心感も抜群。また同行のバンクイックならば審査時間も40分から60分ほどで完了してすぐに融資が可能となるので、今日や明日にでも不足金を埋め合わせたい場合にも迅速に取り扱うことが可能です。

mufgカードでは専用ATMやコンビニなどにある提携ATMなどを活用して自分の空いている時間に、好きなタイミングで融資金を引き出すことができます。ただしその融資額は事前の契約時に定められた融資限度額の範囲内にて何とかやりくりしなくてはなりません。しかしこうして利用していく中ではこの限度額に早々に達してしまい、それ以上の融資額が必要となってしまうケースも少なからずあることでしょう。そうした時、場合によっては銀行側からカードローン増額を認めてもらえることもあります。

カードローン増額が成立するケースは幾つかのものがあります。たとえば安定した職種や職場に転職したり、あるいは同じ社内で出世して年収アップが実現した場合には、これらの事実を報告することで融資限度額が増額する可能性があります。しかし正直言って、このような事例に見舞われることはほとんど稀で、増額が認められるケースのほとんどは、これまでの借り入れサービスをソツなく継続的にきちんと利用してきたことで信用度が上がった場合に限られるようです。

たとえ最初は少ない限度額であったとしても、毎月の返済も滞ること無く、借り入れと完済が順調に繰り返されたならば、早くて半年、そして一年ほどすれば銀行側から「増額しませんか?」とお誘いがあることがあります。

または、そのことになると自分の方から増額の申し込みを行っても問題はないでしょう。その際には公式ホームページに増額の際の電話番号が記載されていますので、そこに連絡してみて然るべき手続きを行った上で、銀行側の再度チェックと勤務先への在籍確認等が行われた上で最終的なカードローン増額の可否が結論付けられることとなります。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社を見つけるコツを教えて!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ