> > > カードローンで、増額が出来ないときの裏技があると聞きましたが

カードローンで、増額が出来ないときの裏技があると聞きましたが

カードローンの増額を申し込んだのですが、総量規制に引っ掛かったのか、審査は落とされてしまいました。カードローンで、増額が出来ないときの裏技があると聞きましたが、それは一体どのようなものなのですか?簡単に実行できるものなら、是非教えて頂きたいのですが…。

裏技とよべるような大したコツは存在しません

増額…つまり借入限度額の引き上げは入会時の審査よりは緩いので、そこまで身構える必要はありません。収入が大幅に減っていたり、生活環境が激変したりしていない限り、大丈夫でしょう。よって、裏技とよべるような大したコツは存在しません。

しかし、総量規制(年収の1/3以上の融資を禁じる決まり)に引っ掛かったとなれば、幾つかの手続きを踏む必要が御座います。収入が増えているなら、新しい収入を申請をしなければいけませんし、場合によっては収入証明書等の提示もあり得ます。それでも総量規制に引っ掛かるようなら、ここは素直に諦めましょう。

また、三菱東京UFJ銀行のバンクイックのように、特殊な制限が課せられるケースもあります。バンクイックは約半年間、返済期日を厳守し、更に増額も現在10万円なら20万円、20万円なら40万円といったように、段階制となっています。もしご契約されているのがバンクイックならば、総量規制ではなく、こちらの原因が考えられます。

融資限度額の増額方法は会社によって異なる為、注意が必要ですが、基本的にはお申し込み時よりも簡便です。増額の審査に備え、規律正しい返済を心掛けておきましょう。数ヶ月後にもう一度審査を受ければ、きっと今回とは違った結果が出ますよ。

【参考ページはこちら】
カードローンの増額を考えているみなさんにオススメ記事

カードローン増額が出来ないときの裏技とは

カードローンには申し込み後の審査によって、利用者それぞれにいくらまで借り入れができるかという借り入れ限度額が決められます。収入など利用条件が満たなかった場合などに審査を否決するのではなく融資額を下げることで可決するという場合があるのです。とりあえず申し込んでおいて、後から借り入れ限度額の増額を申し込むこともできます。審査に通らないこともあるくらいですので、借入額で調整してカードが作れるのであれば悪くない話ということになります。

しかし、カードローンの増額申請が通らなかったという方もいるでしょう。多くのカードローン会社では増額を申し込むと再審査をすることになります。以前より収入が上がったにも関わらず増額できなかったという方もいるでしょう。カードローン増額が出来ないときの裏技の一つとして、必要がなくてもコンスタントに利用するということが挙げられます。

カードローンを申し込んでも使う機会がなくてまだ一度も利用したことがないという方もいるのではないでしょうか。いざと言う時のために持っておくと便利ですが、利用実績は作っておいた方が良いということもあるのです。借り入れをして、遅延することなく完済した履歴があれば、融資をする際の信頼度も上がります。

逆に、まったく利用したことが無い人については、遅延せずに返済する人なのかどうかがまったく判断できないということになります。あまりお金を借りない人の方が有利なのではというイメージを持っている方もいるでしょう。それは、他社からの借り入れがある場合は不利に働きますが、自社の場合は考え方は違います。

適正利用してくれる利用客はとても有り難いお客様ということになるのです。カードローンをお持ちの方で、利用しようか迷ったあげく使わないでやりくりしたことがあるというケースも少なくないでしょう。増額したいという時のためにも、たまには利用して実績を作っておくと良いでしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ