> > > 今月ピンチです。カードローンの増額方法を知りたい!

今月ピンチです。カードローンの増額方法を知りたい!

29歳、女子です。ユミコと言います。普段は某会社で地味ーに事務やってます。週末は、某有名アイドルグループのおっかけをやってて、うん十年です。アイドルって良いですよねー。普通の男と違って、イケメンだし。私達ファンを裏切らないし。結婚とかしても、良いの。そのメンバーが幸せでいてくれたら!

親には、いい加減そんな趣味は辞めて、彼氏でも作ってとか、結婚しろとか良く言われます。でも、無理なんですよね。周りにいる男でイケメンなんて滅多にいないし。ってか、野生の(?)イケメンって、何か性格悪いの多くてダメです。やっぱり、私はテレビに出てるイケメンが良いです。

そんな私ですが、今月ピンチなんです。かなり怒涛のコンサートツアーがありまして。新規の物販もあって、かなりの散財が予想されます。そうなると、普通の事務員の私にはキツいんですよね。金銭的に。

時々、利用するカードローンですが、今月の出費はその限度額を越えそうなんです。だから、ちょっと増額を考えています。元々、あまり借りる事を想定してなかったので、かなり低めの金額にしていたのが、痛かったです。と、言ってもそれでも、借りてる人からしたら、大した金額じゃないとは思うんですが……。

増額初心者なので、どうか、注意点とか教えてくださると嬉しいです。よろしくお願いします!

年収の3分の1を超えなければ、増額は出来るでしょう

ユミコさん、アイドルのおっかけ、楽しそうですね。何にでも、打ち込めるものがあるのは、良い事だと思いますよ?でも、ユミコさんにとって、凄く大事なあなただけのイケメンが現れるかもしれませんので、希望だけはお捨てにならずに。

さて、本題の増額方法ですが、注意点は確かにいくつかありますので、参考にしてみてください。

一つは、今ユミコさんが借りてる商品が、増額出来る商品であるかどうか?と言う点です。そもそも、ユミコさんが設定している今の限度額以上を設定出来なければ、どうしようもありませんものね。もう一つは、増額した際の限度額が、年収の3分の1以下である事です。かなり、ユミコさんは限度額を低めに設定している様なので、これは多分大丈夫だと思います。

最後は、ユミコさんの返済状況です。一度でも、返済が遅れている場合は、ほぼ間違いなく増額は出来ない事を頭に入れておいてくださいね。以上をクリアしていたら、お店に増額が出来るかを聞いてみて、出来る様なら、申し込めば大丈夫。増額出来ます。おっかけ人生、これからも楽しんでくださいね!

【参考ページはこちら】
カードローンを増額するときのコツについて教えて!

カードローンの利用限度額の増額方法と注意点の解説

カードローンは信用を重視したローンであるため、契約時には利用限度額が低く抑えられることが一般的です。これはカード会社によって定められた手順で申し込みを行うことで増額が可能ですが、ただ申し込んでも審査に通らないこともります。増額方法として、次の点に注意して準備が必要です。
(⇒カードローンを簡単に増額する方法ってあるの?

信用が重要となるため、まずカードローンの利用実績を作ります。利用実績として認められるには最低でも6か月は必要とされるため、契約してから6か月、できれば1年程度待ってから申し込みを行うようにします。また、1度増額に成功してから再度増額するときも同じだけの利用実績が必要です。増額直後にもう少しだけ引き上げようと申し込んでも、審査に通りにくいので注意します。

利用実績を作る場合、返済の遅延を起こすのは厳禁です。これを起こすと返済能力に問題があると判断され、審査に通りにくくなります。逆に、繰り上げ返済を利用し、予定よりも早く返済を行うことで返済能力が高いと判断されるようになります。

十分な利用実績があると認められた場合、申し込みを行わなくてもカード会社から電話やハガキなどで増額の勧誘が来ることもあります。このタイミングで申し込みを行うと審査に通る確率が高くなります。急いで増額する必要がないのであれば、勧誘が来るのを待つのが確実です。

増額を行う場合、学生や主婦などでは利用限度額が10万円まで、のように制限がかけられていることが多く、該当する場合はこれ以上に増額することは難しいです。また、信販系・消費者金融系のカードローンであれば総量規制の対象になるため、利用限度額が年収の3分の1まで達している場合、これを増額することはできません。

他社の契約状況についても注意が必要です。複数の会社と契約している場合、増額を断られたために契約会社を増やして借入を行っていると考えられ、返済能力が低いと判断される要因になります。そのため、契約しただけで使っていないカードは解約するようにします。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ