> > > カードローンの増額って期間は決まってる?借りてすぐは無理?

カードローンの増額って期間は決まってる?借りてすぐは無理?

35歳の会社員、某建築会社で設計をしております。谷村と言います。学生の頃からの夢で、建築会社で建物を設計したいと思っていたので、今の職業は天職だと思っています。毎日、忙しいですが、楽しい仕事をさせてもらっています。

ところが、友人からの誘いで、とある国での研修の話が出て、気持ちが揺らぎました。とある国の、超有名な建築を元にした、研修が受けられる話があるのです。1ヶ月ほど、海外に滞在する事になります。

有給もたまっておりますので、何とかスケジュール的な問題は解決出来るのですが、問題はお金の方です。渡航費、滞在費等はこちら持ちですので、かなりの金額を払う事になりそうなのです。行く事はほとんど決まっていますが、お金は今の貯金からはちょっと難しいので。カードローンを利用しようと言う事になりました。

ところが、申し込んで融資を受ける事が決まってから、友人から連絡がありまして。研修自体の料金が思いの他、高い事が分かったのです。

そんな訳で、限度額いっぱいの金額を借りようと思っていましたが、それでも、今回の諸費用には足りそうもなく。もうちょっと、限度額を増額しようと考えています。しかし、これって出来るものなのでしょうか?融資を受けてまだ、1ヶ月しか経っていません。教えてください。

融資の増額は半年ほどの期間が必要です

谷村さん、ご質問ありがとうございます。ご自分の夢を次々と叶える谷村さんは、本当に素敵な方ですね。その研修が、谷村さんの更なる夢の実現に向けるものになりそうですね。是非、行ける事を祈っております。

さて、融資の増額の件ですが、残念ながら、今の状況では谷村さんは増額は難しいと思います。と、言うのも基本的に、限度額の増額は、融資を始めて半年ほどの期間を必要としているからです。消費者金融は、信用商売ですので、融資されている側の返済能力が色々な審査の対象になります。今回の限度額の増額に関しても、谷村さんがどのくらいの返済能力があるのか、半年ほどの返済状況を見て決める訳です。

谷村さんが、今以上の金額を借りようと思ったら、後半年は時間が必要になる事になります。ただ、増額を申し出るのは無駄ではないので、一度、融資を受けている会社に事情を含めて聞いてみるのはありかもしれません。

但し、谷村さんの年収の3分の1以上の金額を借りる事が出来ないのは、法律でも決まっておりますので、その点をお忘れなき様。どうか、今回の研修旅行に参加出来るよう、祈っております。

【参考ページはこちら】
カードローンの増額をしたい!という方にオススメ記事

カードローンの増額って期間はどれぐらい経過すればいいのか

カードローンを利用する為には、まず審査を受ける事が必須になります。この審査においては、借金をしてもしっかり期日までに返済する事が出来る能力を持っているかということや、期日を守って返済する気持ちがあるかを調査される事になります。

会社としては、金利付けてお金を貸していますがそれ以外の利益は求めていません。利用者にとってはとても便利なシステムであるので、最低でも期日だけは守って返済してもらいたいと考えています。つまりこの審査は大変重要な事柄であり、会社はこの審査で利用者を厳選する事になります。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準ってどうなってるの?

カードローンには利用限度額が設定されています。これは、無制限に借金をして破産してしまう事を防ぐと共に、滞納や未払によって会社に被害が及ばない様にする為の対策となっています。審査の時点で利用者の年収がわかるので、その年収であればどのぐらいの借金までであれば期日までに返済する事が出来るのかという事を会社は考えます。

つまり年収が大幅に上がらない限り、この利用限度額が上がる事はありません。大きな年収アップというのは短期間では見込む事が出来ません。10年単位の時間をかけて大幅な年収アップがあるので、この増額申請は慎重に行わなければなりません。何度も増額申請を受け付けてくれる訳ではなく、半年以上は期間を空けなければなりません。これは時間と人件費のカットの為であり、結局は年収が上がらなければ増額は出来ないので短期間では増額する事は不可能とされている為です。
(⇒カードローンと年収の関係についてもっと詳しく

カードローンの増額って期間はどれぐらいかけてされるのかというと、利用者のカードローンの利用方法によって変わってきます。しっかりと期日を守って全額返済を何度も繰り返すと、勝手に利用限度額が上がる事になります。優良な利用者は会社にとってはお得意様という事になります。悪質な利用者も多く存在する中で、そういった優良な利用者は会社にとっては非常に貴重な存在となります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ