> > > 銀行カードローン増額には審査が必要になるって本当ですか

銀行カードローン増額には審査が必要になるって本当ですか

この前銀行のカードローンを申込みました。年収が500万円ほどあるので利用限度額も100万円以上にはなるだろうと思っていたのですが、どういう訳か30万円しかありませんでした。100万円あてにしていたので愕然としてしまいました。近所に住む高校自時代の友人に話してみると、聞いた話だがカードローンと言うのは最初は少ししか貸してくれないが増額を申請して審査を受ければもっとたくさん借りられるようになると言っていました。

そこでさっそく増額を申請したいと思っているのですが、審査と言うのが気になっています。審査と言えばこの前申込んだ時点で行っているはずです。何でまた審査をするのか良く分かりません。そこで質問ですが、カードローンの利用限度額の増額の申請をすると本当に審査をまた行なうのでしょうか。であれば一気に審査して大きなお金を貸せばよいと思うのは私だけでは無いでしょう。金融機関と言うものは何を考えているかよくわかりませんね。

増額はすぐにはできず時間をおいて利用実績などを含め審査します

あなたは申し込み直後から増額が出来ると勘違いしているようですが、たしかにそれなら審査したばっかりで変だと思っても仕方が有りません。しかし増額はそう簡単にはできません。まずは最初に設定される少額の利用限度額内で最低でも半年はしっかり利用を続けて利用実績を作ってからでなければ申込めません。当然その間に状況や利用実績による信用が変ってきますから、審査を行うことになります。金融機関は合理的にものを考えているのです。
(⇒カードローンの増額っていつからできる?

したがってあなたは利用限度額には不満が有ったとしてもこれから一定期間その枠内で利用を続けなければ、増額の申込みはできない訳です。増額の方法は金融機関側からから増額の案内が有る場合と、自分の方から増額を申込む場合の2通りがあり、金融機関によって違います。あなたの利用している金融機関はどのような方法で行うことになるのか気になるのであれば調べてみてください。焦っても始まりませんから、まずはじっくり利用を続けるようにしましょう。

審査が有ると言うことは落とされることも有ります。今度は大きなお金を貸すことになる審査ですから申込時よりも厳しくなります。勿論この間返済に問題が生じれば増額などとてもできませんし、金融機関が嫌う、他のカードローンの利用などが有ったことが分かれば、やはり審査には通らないでしょう。これ等は審査に通らないだけではなく利用限度額の見直しが行われ減額される可能性も有りますから十分注意しなければなりません。

あなたの場合100万円をあてにしていたところが30万円しか借りられないと言っていますが、そこを埋め合わせるために既に別のカードローンを申込んだりしていないでしょうか。そうした場合、利用限度額の増額は無理になります。ですから不満かもしれませんが当面30万円で我慢して利用しましょう。増額できれば金利も下がりますので、他のカードローンも使って金額を大きくするよりもずっとお得です。ですから今は我慢のしどころではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
カードローンの増額に関するオススメ記事

銀行カードローン増額審査で見られる項目と対策

銀行カードローンは消費者金融が発行しているカードローンよりも金利が低いです。つまり利用者は借りたお金に少しの利子をつけて返済する事になるので、出来るだけ消費者金融よりも銀行からお金を借りようとします。しかし、その代わりに審査の基準が厳しく設定されており、社会的立場が高かったり信用性が高くなければ発行してはもらえません。

ましてや銀行カードローン増額ともなれば更に厳しい審査に通貨する必要が出てきます。審査で見られる項目は銀行も消費者金融も変わりません。要するに経済力や安定性や社会的信用度を審査するということになります。消費者金融では年収240万円でも通過できたとしても、銀行の場合にこの年収では通過出来ない場合があります。(こちらもご参考に→年収によってカードローンでいくら借りられるかが決まる?

これは銀行として利用者には消費者金融から借りる時以上に慎重に借りて欲しいという考えからくる基準であり、銀行としては悪質な利用者には利用してほしくないと考えています。カードを作った当初はしっかり返済していたとしても、後々そういう悪質な利用者になってしまう場合もあります。銀行はローン以外にも多く業務を行っており社会的信用が大切な金融機関です。利用者によって評判を落とされる事になれば会社にとって大きな打撃を受ける事になるので、審査は慎重に厳正に行うようにします。

そして増額をしてもらう時には、もう一度ステータスを診断してもらう必要があります。大きく年収が上がって増額するのであれば、すんなりと通過することになりますが、今までに一度でも滞納をしていた場合は即座に落とされることになります。滞納は一度もしていないという事が絶対条件であり、借りたお金を期限以内に返すという当たり前のことをすることができる人にのみ増額のチャンスは与えられます。増額をすれば銀行にもリスクが生じるので慎重に行う必要があります。そして利用者はすんなりと増額できるようにしっかりと返済をしていくことが大切です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ