> > > 使ってないのに増額してくれるカードローンは有りませんか

使ってないのに増額してくれるカードローンは有りませんか

私は現在カードローンが必要と言う訳ではありませんが、将来は独立することを考えているので、場合によっては大きなお金が必要になる可能性があり、カードローンについても時々調べています。その中で一つ問題を発見しました。将来100万円単位で利用するには、利用限度額がその金額に達していないといけませんが、どうも利用限度額は必要になった時の申込んでみたところで、大きな収入が有っても最初はせいぜい30万円が良いところのようです。

利用限度額はその後何度か見直しをしてもらって徐々に上がっていくと言うことですが、そんなことでは困るのです。必要な時に大きなお金が借りられなければ意味が有りません。そこで今から申込んでおくことを考えました。しかしこれにも問題が有ります。利用限度額の増額をしてもらうためには、半年以上適正な利用を続けている事が必要です。現在私は特にお金を借りる必要が無いので、今は利用者したくありません。そこで使ってないのに増額してくれるカードローンって有りませんか。

利用しなければ信用度の判断が出来ないため増額してくれません

あなたはなぜ最初に設定される利用限度額が少ないのかを理解されていないようです。何故徐々に上げていくことになるのか、理由を考えてみましょう。最初に申し込んだ時は金融機関側はその人とのお付き合いが初めてという事になります。初めて会った人に多額のお金を貸すものかどうかちょっと考えれば分かりますよね。そうですそんな大きなお金は怖くて貸せません。それでも金融機関はお金を貸すことが仕事ですから、貸さない訳にはいかず極少額を貸すことになります。

このため最初の利用限度額は少ない訳です。そこで何が金額を決めているのかと言うとそれは借り手の信用と言うことです。そこで次に利用限度額を増額することを考えてみましょう。要するにこの信用が大きくなればなるほど、利用限度額は増えていくことになる訳です。さてではどうすれば信用は大きくなるのでしょうか、それは誠実に利用する事によって金融機関とのお付き合いを深め、信頼関係を発展させていくよりほかにありません。

このためあなたが言うように使っていないのに増額してくれるようなカードローンが有る訳がないのです。使わなかったらお付き合いを深めることはできません。したがって信用は申込んだときから全く変わることは無いのです。利用限度額が30万円に設定されたとしても全く利用しなければ10年たっても30万円のままと言うことです。ですからもし将来100万円単位で借りたいと言う考えを持っているのであれば、それに見合う信用を付けるために利用を進める事が必要です。

あなたの場合事業を始めるために利用したいと言うことですので、暫くはそれに備えて貯蓄をして、起業する時には創業支援のための融資制度を使うと言う方向で考えてみてはいかがでしょうか。いまからカードローンを利用するにしてもそもそも事業資金として利用できるわけではありませんし、今現在必要性が無いのに敢てカードローンを利用するのも利息の支払いも有るので、あまり得な考えとは言えません。良く考えて将来計画を立ててください。

【参考ページはこちら】
カードローンの上限に関するオススメ記事

カードローンを使ってないのに増額してもらうことってできるの?

カードローンはうまく活用することさえできれば非常に便利な存在です。もちろん借りたお金を指定された期日までに返済することこそ必要にはなりますが、急な病気や怪我、結婚式などに参列する必要が生じたというような場合には、急にまとまった出費が必要になることが多々あります。

事前に審査を通しておき、カードを発行しておいてもらうことによってカードローンを利用できるようにするということは、そうした急な出費に対する対策としては非常に優れたものとなるでしょう。ですが初めてカードローンを利用するといったような場合には、借り入れができる限度額にもある程度の制限がかかることが通常です。

年収や信用状況から判断すると100万円までは融資ができそうだというような顧客に対してであっても、初めて利用するという顧客では本当に返済してもらえるかが不確かであるため、基本的には本来の限界もはるかに低い限度額が設定されることとなるのです。

こうした限界に不自由を感じているというのであれば増額を依頼することが必要になりますが、この増額は誰であってもできるというわけではありません。当然ながら信用が足りなければ増額はしてもらえませんし、返済が滞っているのであれば増額を望むべくもないでしょう。(こちらもご参考に→カードローンの増額、客にとってはいいことなの?

「使ってないのに増額する」ということはできるのかというと、結論から言えば困難となるケースが多くなっています。
一見すると「年収状況は問題ないのだから使っていなくても関係ないのではないか」と思われがちですが、実際には年収がどれだけ多くとも、それが返済能力の裏づけになるとは限らないのです。収入が多くとも返済をしてくれない顧客は返済をしてくれませんし、逆に年収が少なくとも返済をしてくれる顧客は返済をしてくれるというのが現実です。

よって増額を今後依頼したいというような場合には、定期的に利用をすることによって「自身はしっかりと返済をする意思と能力がある」ということを証明していかなくてはならないのです。

カードローンはしっかりと利用することさえできれば非常に便利な存在ですが、個人の信用を証明するのはその個人の利用の方法です。カードローンの契約をしたというような場合には、今後の増額を視野に入れつつ、収支バランスを考慮のうえで積極的に利用をしていくとよいでしょう、

新着記事
カテゴリー
ページトップへ