> > > カードローン増枠の裏技ってありますか?

カードローン増枠の裏技ってありますか?

現在銀行系のカードローンを利用しています。年収が少ないので仕方ないのかもしれませんが、限度額が低くて辛いです。増額を希望しようと思うのですが増額のための裏技とかありませんか?できればすんなり増額できたらいいなと思っているのですが。

裏技ではないですがきちんと返済実績を積むことです

増額ですか。カードローンを利用している人の大半が増額できればいいなと心のどこかで思ってますよね。一般的に借入限度額は年収によって決まります。今は総量規制という法律がありますから年収の1/3以上は借入できません。初めてカードローンを利用する人の多くが年収の1/3だと思っていたのに限度額が想像以上に少なくてがっかりします。

それはなぜでしょう。なぜなら新規の申込者に最初から最大限お金を貸してくるところは少ないです。まずは本当にお金を返済してくれる人なのかどうか試される期間があります。増額まで大体半年以上かかるといいますが、この期間中に返済の遅れなどがなくきちんと返済していれば返済実績が積まれ増額ができるようになるというわけです。

増額のためにはどのような手続きをとればいいのでしょうか。これは借入先によっても異なるので一概には言えませんが銀行系のカードローンの場合再審査を受ける必要があるところもあります。

増額を希望する場合、申込フォームに再度個人情報などを入力して送らなければならないこともあります。もし再審査の際に年収や勤務先が変わっていたら審査結果も前回とは違うものになる可能性があります。年収が下がったり、勤務先が変わった場合には再審査によって増額はおろか減額される危険性もあるのです。

一方で消費者金融などは電話一本で増額できることもあります。ただし、この場合でも実は利用者の情報などを再チェックしている可能性もぬぐいきれません。もちろん増額を希望しなくてもカードローン会社は定期的に利用者の属性に変化がないかなどは調べていると思います。

もし質問者様が最近新たな借入をしたとか、クレジットカードを作ったとか、または返済が遅れたなどということがなく、また転職や給料の減額などがなければ増額は可能だと思います。あまり真剣に悩みすぎてもよくないのでとりあえず6か月以上経過しているのであれば一度問い合わせてみましょう。

カードローン増枠の裏技を実践することで生活を豊かにする

自分のカードローンの限度額を見ることはあっても、それを意識する人はあまり多くはないものです。ただ「なんとなく」漠然と数字を眺めるだけで終わってしまうのが普通です。しかし、カードローンの限度額にはいろいろな意味が含まれています。

一言でいってしまうなら限度額は信用度です。利用者がカード会社から信用されている度合いです。ですから、限度額は高ければ高いほど信用されている度合いが高いことになります。つまり、限度額が少しずつ高くなるのが理想です。

カード会社は利用者を個人的に知っているわけではありません。ですから、カード会社が利用者の信用度を測るのはカードの利用方法しかありません。ビジネスの世界では「結果がすべて」といわれますが、カードローンにおいても同じです。つまり、「カードローンを利用して返済する」という行動から判断することになります。

もう少し具体的に説明します。例えば、ショッピング枠が30万円あったとします。先にカードローンを利用することの意味を書きましたので30万円分すべてを買い物に利用することを考えるかもしれません。しかし、それは間違いです。それは信用度を低くする行動です。

理想の使い方は、生活をする際に必要なインフラに利用して残りを買い物などに利用することです。インフラとは公共料金や携帯料金や食費などのことです。生活する上で必要なお金のことです。こうした使い方が高評価される理由は生活におけるお金を計画的に使っていることを示すからです。

もちろん一番に重要なことは遅延を一回もしないことです。人間の信用度は約束を守ることに表れるのはいうまでもありません。また、自分から増枠申請をしないことも重要です。徒に自分から増額申請をしますと、「お金に困っている」などといらぬ思惑を持たれてしまいマイナス要因となるからです。カードローン増枠の裏技を端的に説明するなら、それは地道にカードローンを利用することに尽きます。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社、どうやって探す?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ