> > > ネットの審査ある場合のカードローン増枠は?

ネットの審査ある場合のカードローン増枠は?

人気のネット審査を使ったが、ネット審査ではスピード対応をされているとの事なので、ネットの審査ある場合のカードローン増枠も多いのではと思っていたりするが、実際はどうなのだろう?

ネットでもリアルでも審査対応は同じです

増枠について質問されていると受け取っていますが、「ネットでもリアルでも同じ」ような評価しかされないようになっています。質問者様については、ネットであればなにかしらの恩恵についてもあるのでは?と思われているのだと思います。ですが、審査通過後に増枠においてプラス評価がされることはありません。実際に返済された金額とトラブル件数のほうを業者は大事にしているからです。

また、増枠について希望があるのであれば、「メールや窓口で相談をする」ようにしましょう。今では丁寧にそのような対応で増枠検討もしていると案内している業者もいます。ちなみに、アカウントログイン可能なカードローン業者であれば、そのページからでも増枠申請というものが行えるようになっています。行うページは、ログイン後に表示されるメニューに掲載されている、「利用限度額の変更」というページで行います。

増枠申請は非常に簡単で、利用限度額の変更ページに予め記載されている金額を好みの金額に変更するだけです。この操作については、銀行やサラリーマン金融で変化はまったくありませんので、一度でも操作されていると不都合は発生しません。また、「絶対に増枠する保証はない」ので、何度申請されても却下になるケースもあります。業者はどのような審査を行っているか明かす必要もありませんので、どのようにして審査落ちしたのかについては経験などで予測するしか方法がなかったりもします。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

カードローン増枠審査あるのは当たり前の事

カードローン増枠審査あるのは当たり前である理由には正当な理由があります。カードの利用額を増額するということはより多くのお金を借すという事になります。つまり会社としては更なるリスクを負うという事になるので、増額の際にはしっかり審査をする事が絶対条件という事になります。

もし増額の時に利用者の年収が落ちていて、お金に困っていて増額を申請してきたとすれば増額をするわけにはいきません。もし増額をしてしまうと返済してもらえる見込みの無いお金を借す事になってしまい、会社の損失になってしまう可能性が高くなります。

利用者側としても安易に増額申請をする訳にはいきません。もし過去に返済を滞らせた記録が残っていれば増額申請をしても審査に通る事はありません。返済が滞っている記録がある時点で、年収等の審査をされるまでもなく落とされてしまう事になります。(こちらもご参考に→年収が低いとカードローン審査は通れない?

その信用は一回の延滞で全て失ってしまうものであるので、一度も延滞をせずに返済していく事が大切です。増額というのは利用者にとってもカード会社側にとってもメリットのある事です。会社としては優良な利用者により多く利用して欲しいと考えています。より多くの額を借りてもらう事によって、金利によって利益を得る事が出来ます。そういった利用が多ければ多い程にカード会社は儲かる事になります。

利用者としても多く借りれるという事は、それだけ利用方法の幅が広がるという事であるので正しく利用している人にとってはとてもありがたい事になります。審査の内容としては、初めてカードローンの利用申請をした時と同じ審査をされます。社会的信用度の再調査もされるので、光熱費の延滞などもしないように気をつけておくことが大切です。

人生において社会的信用が必要になる場面は多く存在します。そういった時は何度も訪れるので、継続して社会的信用度を上げていく事が求められており、豊かな暮らしをする為に必要な事となっています。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ