> > > カードローンを同時に2社申し込みできるの

カードローンを同時に2社申し込みできるの

急にお金が必要になり、一社では審査が通るか不安だったので、他に2、3社申し込もうと思っています。カードローンの申込みは同時期に複数はよくないのですか?

多重申し込みになると審査に通りにくくなります

審査に通ろうが落ちようが申込みだけでも信用情報に登録されますので、数社申し込んでいるという情報は、申込先会社がちゃんとした返済を疑われるかもしれません。審査に通る自信がない人やすぐにお金が必要な人は、数社にカードローンの申込みをしてしまうかもしれませんがこのことを多重申し込みといいます。(こちらもご参考に→数社のカードローンに申込んでたくさん借りられる?

審査にとおり難くなります。なのでできるだけ同時に複数申し込むのはやめて、時期をずらして申し込んでください。それでも審査に落ちるときは多重申し込みだけの原因ではないかもしれませんよ。

この申し込み履歴は半年程で消えるので、申込みを2、3件落ちてしまったら半年ほど申し込みをやめましょう。、おまとめローンといわれる複数ローンを一本化する時は少しでも数を減らしておいた方が通りやすいでしょう。、同時進行で借りないで完済してから新たに借りるのがいいでしょう。申込み履歴など登録されている信用情報を自分で確認してみてください。カードローンでなくてもクレジットカードでも支払いの遅延があれば、審査に影響します。審査に通って借り入れできていても複数支払いがあると、貸し手は審査で通しにくいでしょう。

仮審査で通らなければ、会社によって審査基準は違うにしろ他社でも審査に通りにくいかもしれませんので、複数申込みする前に審査に落ちる原因を考えてみてください。信用情報ではなければ、収入面での要素や、申込書にミスはないかなどもしんさに影響しますよ。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

カードローンの複数社同時申し込みは避けよう

カードローンの複数社同時申し込みは避けたほうが賢明です。複数社に同時に申し込みをすることで審査に通らないリスクが高くなってしまうからです。

確実にカードローンを利用できないと計画が狂ってしまうからといって、断られることを想定して一度にいろいろなとこへ申し込みをしようと考えてしまう方もいらっしゃいます。しかし、そこには自分で自分の首を絞めてしまうことになりかねないリスクがあります。

お金を貸す側としては、信用できる方に貸したいと考えています。そのため、信用情報は重要です。金融機関では信用情報機関を利用して情報を共有しています。その情報のなかには申し込み状況も含まれています。

そのため、借り手としては気軽に行ったことが、貸し手には深刻に受け止められてしまうケースも多いです。複数のカードローンを利用しなければいけない状況であり、経済的に困窮しているのではないかという疑いを持たれてしまうからです。

それに総量規制がありますので、年収の三分の一以上を貸してしまうと法律違反することになります。そのリスクを考えて審査を通さないということも考えられます。

ここで考えておかないといけないことは、審査を断られた場合、その情報も信用情報機関に記録が残ることです。リスクを避けるために行ったことが信用情報を傷付け、リスクを作ってしまうことがあります。

信用情報に傷が付くと困ったことになります。本来であれば通るはずのカードローンが断られてしまうからです。たかが審査ではありません。審査に通らなかったという情報も記録が残るため、本来であれば問題が無かった信用までが落ちてしまいます。

このような情報は、時間が経過すれば消えます。しかし、3ヵ月程度は残ることが考えられます。すぐに審査を通したかったのに自分で審査を通らなくしてしまったうえ、次のチャンスは時間をおいて待たなければいけなくなります。

カードローンは複数社同時申し込みをして自分でリスクを作るよりも、事前に簡易審査などを利用して審査を通り易そうな業者を選んでから利用すると良いです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ