> > > もしカーローンをしているとカードローンは申請不可?

もしカーローンをしているとカードローンは申請不可?

カーローンをしているのですが、カードローンは申請不可となってしまうものでしょうか?ちなみに、カーローンが200万円でカードローンについては50万円を希望しています。

年収によりますが不可能ではありません

まず、カーローンについてはキャッシングローンとなっているので、カードローンというふうには扱われていません。もし、すでに200万円もカードローンされているのであれば、よほどの年収がない限りはカードローン契約を新規で組むのは不可能でしょう。総量規制というものがありますので、年収の3分の1を超えてカードローンをするというのは規制もあり不可能なのです。

ですが、キャッシングローンについては該当しないとなっているので、キャッシングローンが100万や200万であったとしても、あくまでも業者は「返済において問題なし」というふうに扱っている状態となります。つまり、ローンそのものについては妥当な金額でローンをしているという扱いなのです。そのような評価を受けているため、カードローンについてはカードローンの審査が行われるようになっています。

その為、カードローンにおいては年収の3分の1までであればOKなのです。ただ、キャッシングローンをすでにされているようですので、返済などにトラブルがなかったかについてはチェックしておくようにしましょう。そのような対応で問題があった場合については、カードローンの新規カードローンは不可となっている場合が多いです。但し、そのようなトラブルがあったとしても、返済を継続して行っていると評価についても正常に戻ったりするようにはなっています。

カードローンの審査にカーローンは影響あるか

消費者金融系のカードローンは、審査のときに総量規制に抵触をしていないかどうかを見られます。総量規制とは、借入限度額が最大で年収の3分の1以下まで制限される、収入証明書の提出の義務、専業主婦への貸付規制、上限金利が利用限度額に応じて15.0%~18.0%までを上限とするなどです。

総量規制が審査に及ぼす大きな部分としては、年収の3分の1以下に借入金額が制限されることです。消費者金融だと希望する金額が50万円以下だと、収入証明書の提出はしなくても申込みをすることができます。そのため自分が申告した年収で審査を受けることができます。

ただし、希望するカードの利用限度額が50万円以下であったとしても他社の利用残高と合計して100万円以上になる場合は収入証明書の提出が必要となります。他社の借り入れ件数や借入残高を審査の時に申告しますが、虚偽申告したとしても信用情報調査を行えば正確な金額が判明しますので、ここは正直に申告をします。

他社での利用残高なのですが、住宅ローンの残高やカーローンの残高、ショッピングローン、高額医療費のローン、緊急で発生した医療費は年収の3分の1の残高に該当しないローンになります。借入金額を申告するときは、これらを除いたローン残高を申告します。これらのローンは総量規制対象外として扱われますので、消費者金融でもキャッシングできる可能性があります。

また、たくさんの会社からお金を借り入れしていて消費者金融のカードを何枚も持っている、返したいけれど借金返済するのも厳しく、その場しのぎで他の会社からお金を工面して返したい、しかしどこの会社も断られてしまうときは、おまとめローンや借り換えローンを利用することができます。これらですが、複数ある借金をひとつにまとめることができます。年収の3分の1を超える借入であってもおまとめローンであれば、消費者金融からでも借り入れすることができて一本化することができます。

【参考ページはこちら】
カードローンの借り入れ金額は年収の何割が目安?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ