> > > カードローン申し込みだけでも信用情報は使われるそうですね

カードローン申し込みだけでも信用情報は使われるそうですね

カードローンについてですが、カードローン申し込みだけでも信用情報が使われるというのは本当なのでしょうか?

信用情報の開示が行われるようになっています

正確には、「信用情報の開示が行われる」となりますが、今ではカードローン申し込みだけでも信用情報の開示が行われるようになっています。また、銀行やサラリーマン金融で情報の共有がされていますので、サラリーマン金融であれば信用情報の開示がされていないなど、特殊な条件を満たすと信用情報の開示がされないとなっているわけでもありません。

また、このような対応がされているわけですが、サラリーマン金融などの利用については、最低限の情報しか開示がされないようにもなっています。例えば、サラリーマン金融のとある業者を利用している場合では「サラ金の借入件数1件」というふうに、業者名については記載されていないこともあるのです。それと、このような情報があるので、基本的に情報の不備があった場合には問題視されやすいです。

例えば、カードローンが銀行やサラリーマン金融で1件ずつであった場合には、合計で2件からカードローンしている状況となります。こちらを、借入件数はサラリーマン金融では1件だと思い、サラリーマン金融で契約をしようとすると、情報の不足であり不備がある状態ということで、新規カードローンについては審査落ちにしてくるようなケースまであるのです。このような対応もあるので、安易に情報の不足を招かないように注意しましょう。
(⇒カードローン審査に落ちた!というみなさんはこちらもオススメ

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローンの探し方を教えて!

カードローンの申し込みだけで信用情報に記録されるのか

カードローンを利用する際には審査の為に、個人情報や経済力に関して会社に情報を提供する事になります。この情報は例え審査に落ちたとしても抹消される事はありません。これは、今までにカードローンの申請を誰がどのぐらい前にしたかを知る為の重要な資料であるのでまず抹消される事はありません。

しかし、これは利用者にとっては厄介な問題です。これらの情報はデータバンクに記録される事になります。審査の際にはそのデータバンクにアクセスして、申請内容と相違が無いか確認する事になります。つまり利用者は申請内容を偽ることが出来ないということです。審査に落ちてしまったから、違うカード会社に情報を偽って申請したとしても嘘が発覚してしまって審査に落ちる事になります。(こちらもご参考に→カードローン審査に全部落ちた場合はどうなる?

また、過去のいつにどの会社にカード申請をしたかという事も記録に残ります。会社によっては審査基準が違うので、一つの会社の審査に落ちたからといって、全ての会社で審査に落ちるとは限りません。つまりある程度の経済力があるのであれば、いずれ審査に通る会社を見つける事が可能ということです。

しかし、カード会社は個人情報や経済力だけで審査するのではありません。その人物がどういった理由でカードローンを利用しようとしているのかということや、今までに金銭トラブルを起こした事が無いかを調べる事になります。つまり、余りにも多くのカード会社に申請していたという記録があれば、経済力は審査の基準を満たしていたのにそういった経歴が原因で審査に落ちてしまうという事です。

カード会社へのカードローンの申し込みだけ出来るだけ多くやってしまおうという考えは危険です。慎重にカード会社を選んで審査に通りそうな会社を選ぶ事によって、これらの事態を回避する事が出来ます。この信用情報は半年間残る事になるので、本当に必要になったときに作れないという事にならないようにも、慎重に会社を選んで作成する事が大切です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ