> > > 解約した会社にカードローンの借入申込をするとどうなる?

解約した会社にカードローンの借入申込をするとどうなる?

以前にもういいかなと思いカードローンを解約しています。しかし、解約した会社にカードローンの借入申込を再度行い、また使おうかな?なんて考えているのですが、その場合は新規カードローン申込からやり直しになるのでしょうか?

再契約になるだけで問題は発生しません

このようなケースでカードローン利用する場合については、解約した会社に保留されているカードローン情報で借入申込を行うだけです。カードローンについては、業者のほうでも管理情報を保管しておりますので、基本的に解約をしたからといって完全に情報が解除(削除)されるわけではありません。つまり、途中からでカードローンを使い直すような使い方についても対応しているのです。

それと、再契約になると何かしらのデメリットがあるわけでもありません。以前と変わらずで使えるようにはなるのですが、その代わりに現在の状況の再確認だけは発生するようになっています。つまり、以前に解約した会社でカードローンの借入をしていたわけなのですが、「同条件で使える」というふうにはなっていないのです。例えば、限度額が引き下げられることもありますし、その逆だってあります。

まず、再契約をする際には在籍確認の際の対応をもう1度されるようになっています。その際に、以前に務めていた勤務先が変更となっていた場合、正確にその情報を連絡しないと業者から限度額引き下げをされる可能性があります。基本的に、カードローンの属性としては「勤務先の変更と住所の変更」については高い評価に繋がりません。なので、そのような状況になりそうなのであれば、それ以前に解約した会社でカードローンの借入の継続をするように連絡したほうがいいのです。
(⇒自分に合ったカードローン会社を選ぶには

【参考ページはこちら】
カードローンの申込みについて詳しく知りたい方にオススメ記事

解約した会社にカードローンの借入申込をすることはできるのか

過去にカードローンを利用していて、そして何か理由があって解約をすると言うことはよくあることです。もう使わないと思ったのなら、悪用されたり、あるいは誤って借りてしまわないようにするためにも、解約しておくのは良い方法です。しかし、再び必要になったときにはどうすれば良いのでしょうか。一度解約した会社にカードローンの借入申込をすることはできるのでしょうか。

この扱いについては、基本的には金融機関が独自に決めることですから、それぞれで異なっているとしか言いようがありません。ただ、全体的に見れば、多くの金融機関で再び申し込んで利用する事ができる場合は多いです。金融機関としても、過去のお客さんがもう一度戻ってくることは歓迎すべきことなのですから、過去に利用していたかどうかにかかわらずりようできると考えられます。

解約した会社にカードローンの申し込みをする場合には、初めて申し込みをするときとは状況が異なるという点に注意しておかなければなりません。初めて申し込みをする人と全く同じように扱われるわけではないという点に注意しておかなければならないのです。

例えば、多くの金融機関では新規入会キャンペーンを行っています。申し込みをすればキャッシュバックがあったり、あるいは最初の何日かは無利息で借りることができたりと、それぞれの金融機関が様々なキャンペーンを行っています。このキャンペーンは、一度限りのものである場合が多いですから、過去に契約をしていた会社に申し込みをした場合には、キャンペーンを利用することができないことが多いです。

また、解約をしても顧客情報は残っていることが多いです。過去の取り引き履歴を詳細に記録しているのかどうかは分かりませんが、重要な事項については消去されません。例えば、過去に滞納をした事があった場合には、解約をしてもその情報は残っています。ですから、それが原因で審査に通らないこともありますから注意が必要です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ