> > > 色んな銀行でカードローン申し込みをするとデメリットもある?

色んな銀行でカードローン申し込みをするとデメリットもある?

魅力的な銀行カードローンが多くなってきていますが、色んな銀行でカードローン申し込みをすると何かしらのメリットはあるのでしょうか?

個人の契約者では損失のほうが多いです

まず、銀行は複数でもカードローン可能としていますが、それらについては「提携先の銀行であればOK」としているだけです。例えば、銀行カードローンでは銀行からの出資で銀行カードローンと、サラリーマン金融のカードローンの2つを同時作成できるようになっているものもあります。有名なカードローンでは、「バンクイックとモビット」がそうなのですが、このような場合にはメリットもあるでしょう。

というのも、このようにしてカードローンされていると利用されている金額の底上げにつながるからです。底上げされている状態で返済をされていると、カードローン増額についても自然とスピード重視でされるようになっていきますので、関係としてはWINWINの関係になるのではないでしょうか。しかし、これが多種類の銀行やサラリーマン金融では話が違ってきますので、そのような場合にはデメリットしかありません。

一見、同じような使い方をしているように感じるかもしれませんが、実際は「借り過ぎ」という評価がされるようになっています。というのも、銀行やサラリーマン金融によってカードローン審査が違っているからです。そうなってしまうと、わずかに10万円ほど借り過ぎになってしまっているカードローンがあると、新しくローンをすることが出来なくなるなどの問題が発生します。1つの銀行と提携先であれば、このようなトラブルについては中々発生するものではなかったりします。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社を選ぶにはどうしたらいい?

色んな銀行でカードローン申し込みをすると審査に落ちやすい

色んな銀行でカードローン申し込みをすると、審査には落ちやすくなるという点に注意しておかなければなりません。色んな銀行に申し込みをすれば、その内のどれかには審査に通るだろうと考える人は多くいるようです。数を打てば当たるという発想でしょう。このような考え方になってしまうのも無理ではないのですが、しかし実は逆に落ちやすくなるのです。このことはよく知っておかなければなりません。

金融機関は、貸し付けた資金が返済されなくなると大損ですから、貸し付けて良い人なのかどうかという情報を金融機関で共有しています。申込に関する情報についても共有していて、ある金融機関で申し込みをした場合に、その情報は他の金融機関でも共有されるのです。

短期間の間に立て続けに申し込みをした場合、どこかに受かるどころか全てに落ちることもがありますから注意が必要です。1ヶ月の間に複数の申込をすれば落ちやすくなると考えておきましょう。ですから、できることなら何ヶ月か空けてから申し込みをするのが良いのです。

ただ、複数の銀行でカードローンを持つことについては、大してメリットはありません。例えば、ある銀行で100万円の限度額を確保し、そして別の銀行で100万円の限度額を確保するのであれば、一つの銀行で200万円の限度額を確保したほうが良いでしょう。銀行のカードローンには総量規制がかかりませんから、限度額を大きくできる場合が多いです。

色んな銀行でカードローン申し込みをしてしまった場合には、その情報はすでに登録されていますから、他の金融機関に申し込みをしても審査に通らない場合が多いです。この場合には申込の情報が消去されるまで待たないと審査には受かりません。情報が消去されるまでには半年くらいかかります。ですから、色んな銀行でカードローン申し込みをして、そして審査に通らない状態になれば、最低でも半年くらいの期間を空けてから申し込みするのが良いです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ