> > > カードローンは増額申請しないと増額にならない?

カードローンは増額申請しないと増額にならない?

借入額が小さいので増額を考えているが、カードローンは増額申請しないと増額とはならないの?

増額申請は有り無しと決まっているわけではない

まず、回答からとなるが増額申請というのは、「業者の善意でサポート」しているに過ぎないので絶対に対応をしているわけではない。なので、増額について増額申請ページや電話先が案内されていない・・・のであれば、そのような対応についてもされないと思おっておいていいだろう。また、カードローンは増額申請しないと基本的には増額がされないようになっているのも事実。

例えば、サラリーマン金融などではネットからで申請をされているほうが、カードローン増額となりやすい。逆に、カードローン増額を待っていたとしても増額されないケースはある。というのも、使っている金額で判断をするようになっているからだ。具体的には、毎月で1万円程度の返済をされていたとしても、絶対に増額となるようにはなっていなかったりする。

なので、もし現在増額を検討しているのであれば、「他のカードローン」についても使ってみるようにするといい。そうしてみると、業者にしてみれば「安定して返済できる優良な契約者」というふうになる。それから増額申請をされても遅くはないだろう。それと、増額申請については複数回で行ってしまうとかえって評価が低くなってしまう。なので、毎月で1回だけ行うなど連続して申請をしないように注意しよう。

【参考ページはこちら】
カードローンの増額をするときのコツやポイントを教えて!

カードローンは自分の意志で申請しないと利用できない借入サービス

日常生活を送る上では何かと思いがけない出費に見舞われてしまうものです。家の家賃や食費、各種ローンの支払いに始まり、習い事や学費などの子供の教育費、ファッションアイテムの購入、会社の同僚や友人達との飲み会、家族一緒に計画した旅行の諸費用、それに怪我や病気に伴う通院費に至るまで、考えられる可能性は数限りなく存在します。そうした随所でもしもお金が不足してしまったならば、必要なサービスや機会が得られなくなってしまいます。こうやって大切なチャンスを逃すのを防ぐためにも、銀行や消費者金融の借り入れローンを利用して的確に不足金を補うことは何よりの助けとなってくれるでしょう。

中でもカードローンは手続きが簡単で、なおかつ融資スピードが速いことで知られています。あらかじめ一枚の個人専用カードを発行して手元に持っておくことで、万が一にもお金が必要になった時には近くのATMに駆けつけて融資金を取り出すことで、毎日の可能性を拡げることができるはずです。

ただし、このカードローンを活用するためには、インターネット、電話、郵送、店舗窓口、自動契約機などを使って申請しないといけません。この時、申請フォームに氏名、住所、年齢、職業、勤務先、年収などを書き込み、これらを証明する身分証や年収証明書などもあわせて提示。これらの情報を受けて金融会社側の担当者が審査を行います。この時には主に職業や年収などを中心に精査し、それらが融資するに相応しい返済能力を有しているか否か、あるいは融資限度額はどれくらいに設定すべきかなどを試算します。
(⇒カードローンの申込みに関するオススメ記事

ここから信用機関への問い合わせを通じて、過去の借り入れ履歴に問題がなかったかなどをこまめにチェック。ブラック入りなどが判明するとただちに審査落ちとなってしまいます。さらに自宅への電話確認や職場への在籍確認を通じて申請時に記載された内容が正しいものかどうかも確認した上で、すべての信頼性が担保された段階で初めてカードローンの利用が可能となるのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ