> > > カードローンの審査方法について色々教えて!

カードローンの審査方法について色々教えて!

カードローンをやってみたいです。申し込むときに審査があるというのは知っているのですが、どんな内容なのか知らないので不安です。審査方法や、その内容について知っていたら教えてくれませんか?ある程度対策をして審査を受けたいです。

主に年収や支払い能力があるかを審査されます

カードローンを行うなら、審査というものが必ず発生します。お金を貸しても安心な人かどうか見極める。貸す側から考えたら審査をするというのは、考えてみれば当たり前のことですね。では、この審査というものは、一体どのようなことを行っているのでしょうか。

まずは年収などの収入状況。お金を返さなければいけませんから、これをまっ先に調べられるのは当然ですね。消費者金融から借りている場合は、最大でも年収の3分の1借りることが可能ですが、それを超えると法律上借りることができなくなります。もっとも、それ以上借りると生活に支障が出て返済が困難なレベルかもしれませんね…。

次にあなたの職場や勤続年数、家族構成や持っている資産など。これは安定した生活を送れているか、ということの目安となります。例えば公務員で長期の勤続年数だとすれば特に安定した収入を得ていることは明白ですし、中小の民間企業で勤続年数が浅く、家族もいなくて持ち家も無しのアパート暮らしだとすれば、突然無収入になる可能性もあると判断されるかもしれません。このように、年収だけでない経済事情も見えてきます。
(⇒無職だけど銀行カードローンの審査に通りたい!

あとは過去の支払い状況なども審査対象になります。例えば過去にローンをしたことがあって、そのローンを延滞することなくしっかり支払えたか。支払えた場合は、完済できたという実績にもなりますが、逆に延滞した、未払いが発生しているといった場合は良くありません。金融機関も貸したお金を期限通りに返せない人に貸すのは躊躇してしまいます。ましてや未払いなどがあった場合は、殆どの場合審査は落ちると見ていいでしょう。

変わったところでは周りの家庭環境や職歴、犯罪履歴なども…。ただ、これは元々の環境だったり起こってしまったことになるので、改善のしようがありません。それにこれらの要素はあくまで噂レベルですので、あまり気にしない方が良いでしょう。見られる!…かもしれない程度で覚えておいて下さい。

以上の審査される要素は、金融機関が公式に発表しているわけではありません。なのであくまで目安にはなりますが、ほぼ確実にこれらの要素は確認されています。100%通ったり、落ちたりするわけではない、文字通りの審査というわけですね。気になる要素があれば、より良くしたり改善したりするのは良い方法と言えます。参考になれば幸いです。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準についてもっと詳しく!

カードローンの審査方法として必ず行われる事

カードローンは金融機関が利用者に一時的にお金を貸す事になるので、貸しても返って来るかどうかの判断をする事になります。その判断の為に利用審査が行われます。これは利用者の経済力や社会的信用度を調べる為のものであり、この審査をいかにしっかりするかによって会社にとって損失をもたらす利用者かどうかを知る事が出来ます。

まず審査方法としては、個人情報や本人確認書類や経済的情報の記載を利用希望者に要求します。まず、このどの項目の内一つでも拒否する場合にはカードローンの利用は出来ません。カードローンを利用したいのであれば、必ずこの要求に応える事が必要になります。そして嘘を書いてはいけません。情報機関に問い合わせる事になるので、嘘を記載しても発覚してしまい、その時点で審査に落ちてしまう事になります。

まず年収や勤続年数等の社会的信用度と経済力を審査されます。会社によって審査基準が変わってくるので、経済力に自信があったとしても審査に落ちる場合もあります。そういった時は諦めて別の会社に申請する事が大切です。

借金の返済は多くは毎月決まった額を返済していくという方法になります。つまり毎月延滞せずに返済していけるかどうかを審査する事になります。これは毎月安定した収入があるかどうかを確認されます。例えば収入が30万の月もあれば0円の月もあるという事になれば、毎月安定して返済してもらえる事にはなりません。

返済が延滞すれば会社にとって損失となります。多くの利用者が一斉に延滞してしまう事にでもなれば会社が倒産してしまう可能性さえ出てきます。つまり審査の中でも重要な項目ということです。

これらの数字が自社の基準を上回る事になれば、後は信用調査です。しっかりと毎月の支払いをしてきたかということや、金銭トラブルを起こしていないかという事を見られる事になります。これらの審査方法はどんな会社でも共通しており、違うのは基準だけです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ