> > > カードローンにはショッピング枠に関係ない審査はあるのか

カードローンにはショッピング枠に関係ない審査はあるのか

お金を借りるためのカード会社から受ける審査において重要なことの1つに現時点での借入れ状況があります。カードローンには色々な種類があります。カードローンを組む際には他社からの借入れはないか、他に借りているお金はないかが調べられます。貸すほうとしてはとても大事な情報になります。他の会社に借入れがあるか、返済の状況はどうなっているかが大事なポイントです。そこで気になるのが、カードローンでもショッピング枠はその対象になるかどうかです。

では、ショッピング枠とキャッシング枠の違いはなんでしょうか?ショッピング枠とはそのままの意味ですが、買い物にのみ使える金額の範囲のことです。キャッシングは、何に使うかの制限はなくカード会社から現金を借りるという意味です。このお金の制限は、借主の収入によって金額が決まります。お金は収入の3分の1より多くなると借りられません。それは借りる金額全てに関係するので、ショッピング枠とキャッシング枠の合計がこの条件に縛られています。

なので、借入れの金額が100万円に設定されている人が、ある1つの月で、ショッピングで90万お金を使ってしまったら、キャッシングは10万円まで借りることが出来ないです。上限が高ければショッピング枠は気にしなくても、そんなに高額なものを買わない限り問題はないのではないでしょうか?現金でなく、カードで物を買うときはお金を使ったという実感が薄くなりがちなので注意が必要です。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準についてもっと詳しく!

カードローンの審査にショッピング枠は関係ない

消費者金融系などの個人向けに貸し付けを行う貸金業者は、総量規制が適用されます。総量規制とは、お金を借りるときに収入証明書の提出が義務付けられたり、貸付金額が年収の3分の1まで規制される、専業主婦の方への貸付規制などです。貸付金額ですが、年収の3分の1まで規制とは、この年収は総所得の金額になります。手取りの金額ではなく税金を引かれる前の金額になります。

例えば、税込み年収が300万円の方であれば、最大で借り入れができる金額は100万円までになります。これは、カードローン会社1社で100万円まででなく、そのほかの借入している貸金業者の残高と合わせて100万円までになります。

A社で30万円、B社で50万円借りていれば、のこり20万円までしか最大で借入ができないことになります。カードローン申込みをする時に、他社での借り入れ件数と借入残高のトータル金額を申告します。申告の通りかどうか信用情報調査も行われますので、虚偽申告などすぐにばれます。あまりにも申告とかけ離れていると、どうしても借りたいがために過少申告しているか返済管理ができていないかのどちらかになります。

この審査で、すでに他社での借入残高が年収の3分の1をはるかにオーバーしていたり、あまり余裕がないとなるとここで融資は断りとなってしまいます。他社での借入残高ですが、住宅ローンや車のローンの残高、ショッピング枠は関係ないので年収の3分の1までの借入残高には含まれません。

そして、収入証明書の提出が義務付けられることがあります。収入証明書の提出がすべての方が対象ではないのですが、50万円以上の限度額を希望する方は必要です。50万円未満の限度額であったとしても、他社での利用残高の合計と契約するするカードローンの限度額との合計金額が100万円を超える場合には収入証明書の提出が必要になります。あらかじめ収入証明書は、準備しておいたほうが審査もスムーズにすすみます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ